上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 味もり多の牛骨ラーメン
 恥ずかしながら、北栄町の味もり多を初訪問。
 何度か行こうと思いながら、なかなか行けなかった食堂系の老舗で、場所は旧街道を倉吉から由良方面に行った道を入ったところにある。

 頼んだのは牛骨ラーメン並(600円)。
 出てきたのは丁寧なトッピングをされた一杯で、中太のちじれ麺に甘みのある牛骨スープ、具材に炙ったチャーシューともやし、ネギと海苔に細切りのメンマとかまぼこが乗っている。
 どこか懐かしい味わいで、身体に馴染む食堂の味。夜は居酒屋もやっているようで、飲んだ後にも美味しいだろうと思わせる老舗の牛骨ラーメン、ご馳走さまでした。
 味もり多のメニュー表
スポンサーサイト

2015.09.05 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(3) |

 さらに新しいべんけいのつけ麺
 倉吉駅前の中華そばべんけいについて、このブログでは何度も書いているが、過去のつけ麺よりバージョンアップしていた。

 甘みを控えたドロドロの濃厚魚介豚骨スープに、京都の麺屋棣鄂から取り寄せた極太麺。以前のすだちから、安定的に供給できるレモンに変えたのは良くもあり悪くもあるが、この濃厚スープであればレモンでも受け止められる。
 具材に、食べ応えのある豚肉とさっぱりする玉ねぎ、太メンマは変わらず、大盛りにすると若干最後にダレる(スープが減って冷める)のだが、前食べたときより確実に美味しくなっている。

 毎回、べんけいに行くのを楽しみにしている、この日もごちそうさま。

2015.07.22 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 べんけいの牛骨ラーメン3
 ゴールデンウィーク中もラーメンを食べていた。
 倉吉のべんけいはゴールデンウィーク中限定で牛骨スープの中華そば(500円)を提供。
 あっさりした牛骨ラーメンで、ちじれた中華麺との相性もよく、綺麗な牛骨スープだった。

 このほか、3日のお昼に行った琴浦のすみれでは行列ができていて、相変わらずの人気ぶり。
 3日夕方に寄った由良香味徳は、17時開店直後とあってまだ空いていたが、次第に家族連れなどで混むようになっていた。
 改装したいのよしの前を通りかかったときも、お昼時にすごい行列ができていたので、牛骨ラーメンの人気も高まっているのかもしれない。この期間中に行った牛骨ラーメンでは、由良香味徳が一番美味しかった。
 すみれの牛骨ラーメン1
 すみれの牛骨ラーメン(570円)。
由良香味徳の牛骨ラーメン2
 由良香味徳のラーメン中(550円)。

2015.05.11 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 鶏白湯ほくほくラーメン
 鳥取市弥生町に新しいラーメン屋ができたのを知り、早速行ってみる。
 場所は弥生町294ギャザビル1階、食べログでは昔の「華龍」というお店のままになっている。

 結論から言えば、酔ったとき以外には食べに行く必要のないラーメンだが、弥生町にバラエティが増えたことは歓迎したい。詳細は追記にて。

続きを読む

2015.05.04 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 いのよしの塩ラーメン
 先日、倉吉のいのよしが移転するような記事を書いていて、3月15日に179号線沿いに移転してから行っていなかった。二度くらいチャンスはあったのだが、ものすごい並んだり待ったりして大盛況だったので、ちょっと落ち着いてから行くことになった。

 この日は日曜日、14時過ぎに行くと、待っている人はいないが席は埋まっている。
 お店は50席くらいとすごく広くなっていて、家族連れやカップルなどの客層で座敷も賑わっている。
 この日頼んだのは塩ラーメン大盛り(500円+150円)。以前の味を知らないが、中細の麺にチャーシュー、もやしときくらげとネギというトッピング、スープはそれほど香りの強くない牛骨スープに化学調味料が効いていて、どちらかと言えば醤油の方がおすすめできる。
 行列に並んで食べるほどのものかな?と正直思うけれど、地元にしっかり定着した牛骨ラーメン、これからもがんばってほしい。メニューは追記にて。
 移転したいのよし外観

続きを読む

2015.04.23 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。