上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 お盆なので、仕事もそこそこに鳥取県立図書館に行く。
 ここは鳥取で最大の図書館であり、東京で言うところの「国立国会図書館」に当たる。
 おばあさんが昼寝し、子供が泣き出しても権威ある図書館であることに変わりはない。

 久々に回ってみたが、実用書コーナーが増えているので腹が立った。「ビジネスに役に立つ…」などは愚の骨頂、虚学の中枢たる図書館がそんなことでいいのか?と本の配置を変えてやった。ビジネスなんとかを独和辞典に、すぐ役に立つなんとかを食べられる野草に。隣に檸檬でも置こうかと思ったが持っていなかったので止めにした。

 本日借りた本。

 1 「グーグル」佐々木俊尚著 文春新書
 2 「インターネット書斎術」紀田順一郎著 ちくま新書
 3 「サバト恠異帖」日夏耿之介 著 筑摩書房
 4 「シュペルヴィエル抄」堀口大学訳 小沢書店
スポンサーサイト

2006.08.16 | read_a_book(読書) | トラックバック(0) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。