上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 私は自他共に認める日本酒党である。
 そういった政党があれば、おそらく10年後くらいには鳥取選挙対策本部に推薦されるだろうし、20年後には軽い肝硬変くらいは見つかるだろうし、30年後には国民栄誉賞なんかが贈られるかもしれない。
 自宅には常に複数本の一升瓶が開けられ、毎日のように晩酌し、酩酊のまま眠る。
 なので、もっぱら日本酒を調達するのは土日のお仕事になる。

 この日は青谷の日置桜の蔵元に行ったが閉まっていた。
 日置桜は鳥取市青谷町の地酒なのだが、個人的にも青谷町の“日置谷”と縁があるため、殊の外思い入れがある。 酒質は端麗辛口、スッと入る飲み口と軽やかなふくらみは料理の味を邪魔することなく、特に魚を中心とした和食に合う。

 なぜ蔵元まで行ったかというと、あるお酒を探していたから。
 それが、この「日置桜燗上がり純米其の弐´」であった。以前行った「蔵朱」さんでご紹介されており、地元を探しても手に入らないため、蔵元に探しに行ったのだ。
 流石に変だなぁと思っていたところ、倉吉にある「山枡酒店」に行って疑問は氷解した。 山枡酒店 SN360944.JPG

 この「日置桜燗上がり純米其の弐´」(通称「山笑ふ」=右端写真)は日置桜を作っている山根酒造さんがブレンドし、山枡酒店さんが販売しているオリジナル古酒だった。びっくりしたけれど、一本はちょっと特別な贈り物に、一本は自分への贈り物に買った。
 
 お燗にして飲んでみると、古酒の深い香りがたつ、まろやかな日置桜に仕上がっている。
 今度は蔵朱さんに、このお酒と合う料理を探しに行きたいと思う。
スポンサーサイト

2007.08.18 | sake(日本酒) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 以前から評判は聞いていたのだが、ちょっと大山に行ったついでに琴浦の「味園」に立ち寄る。場所はこのあたり。9号線からちょっと入ったところ。
 SN360948.JPG

 外観はわりと普通です。
 店に入りメニューを見る限りでは、ちょっとした中華料理のお店という感じ。昔鳥取にあった翠園(すいえん、なんて懐かしい響き)や梨花(りんか、潰れたらしい)に似ている。地元中華は侮れない、と感じたのは青谷の龍園(りゅうえん)に行った時だった。

 頼んだのは酸辣湯麺(スーラータンメン)、値段は確か780円くらいだった。以前から「味園の酸辣湯麺」というフレーズで聞いていたので注文はこれしかない。
 味園の酸辣湯麺
 
なるほど、酸味のきいた濃い目の中華味、麺は細めの中華麺だが、五目麺のように具が多いので食べ応えがある。むしろ麺と一緒に具を食べている感じ。写真でも麺が見えてないので、ちょっとすくってみると下から麺が出てくる。
 味園の酸辣湯麺アップ

 確かにぐっと来る濃い目。今思い出すとまた食べたくなる、そんな味。
 地元にあると楽しそう。家族で食べに行ったりして、シメにみんなで酸辣湯麺なんか楽しんじゃったりして。
 近くに「すみれ」もあるので迷うところだが、一人でラーメンならすみれ、家族となら味園といったところか。琴浦には銘酒「鷹勇」もあるし、もしかしたら食の都?なんて。

2007.08.18 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(1) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。