上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 いなばのお袋市200928
 遅く起きた朝、いなばのお袋市に行く。前にも行きました
 毎月第4日曜日に市が開かれて、今朝の目玉はクッキーのプレゼントだったようだが、10時過ぎに行ってみるとおおよそ片づけが始まっており、ちょっと期待していた炊きたてご飯も売り切れていた。

 連れ合いはまだ売ってくれていたジュジュアンのすき焼きコロッケ(100円)をぱくり。私はあまりスーパーで売っているのをみたことのない佐治の「平山豆腐」(150円)を買い、月の庵で買ったコーヒー(150円)を飲んだ。

 龍鳳のラーメンやカレーのベニ屋も来ていたようだけど、目当てになるようなキラーコンテンツ(鯛喜の海鮮丼やすし銀の厚切り刺し身など)が欲しいところ。
 炊きたてのご飯と、大江の郷の卵で玉子ご飯とか、一皿100円か200円の選べる刺し身なんかを朝から食べられるといいなぁ。
 お袋市マップ200928
スポンサーサイト

2008.09.28 | daily(日々雑記) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 大ちゃんラーメンのラーメン

 大ちゃんラーメンといえば、地元から長く愛される第一旭系のラーメンであるが、京都ラーメンを(三日)探訪してきた私としても、その系譜を確かめようと雲山店のほうへ。
 
 二店舗はほぼ同じメニューだが、季節のメニューは城北店のほうが優れ、広さは雲山店の方が優れている。むかし、南吉成の中華料理店スータオのあたりにも店舗があり、そのころが全盛期だったような気がするが、今は県内に二店舗である。ちなみに、大ちゃんラーメンを冠するお店は関西圏を中心に全国にある。

 トリガラベースのスープにストレートの麺、薄切りのチャーシューが麺を覆い九条ネギが多めにふられる正統派。FC店なので、雲山店も城北店もおおよそ同じ味だが、どちらを食べてもあんまりブレがないのはある意味すごい。10年くらい味が変わっていないような気さえする。
 個人的には、ターロー麺とご飯、ネギ追加で頼み、ターロー麺の豚バラ肉をご飯にのせ、ネギをふってチャーシューご飯にして食べるのが好き。

 正統派京都ラーメンが鳥取でも食べられるのは幸せなことだが、開店時間が案外短い(11:00~14:30、17:00~21:00くらい)のでご注意。
 大ちゃんラーメン雲山店外観

2008.09.23 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(8) |

 解体の現場
 鳥取駅の裏、ダイエーが潰れて鳥取市役所が入っているビルの向こうには社会保険センターというのがあった。個人的には何の思い入れも無いが、連れ合いがなんとか教室の応募にいったときについて行ったことを覚えている。

 その建物が、ひそやかに解体されている。

 どういった道理だかよくわからないが、税金を使って建てたものが、30年経って壊される。市民に健康を提供したのかもしれないが、減価償却のことを考えると、ちょっと割りに合わないことをしているような気がして、間抜けな国だなぁ、と廃墟を眺めながら感慨に耽った。
 ちなみに、この建物の情報はこちら

 変わりゆくまちの姿を、見過ごしてはいけない。
 同じ過ちを繰り返さないためにも、忘れてはいけない。
 ギボンの箴言を待つまでもなく。
 「まったく歴史とは、そのほとんどが人類の犯罪・愚行・不運の登記簿にほかならない。」

2008.09.23 | photo(写真) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 ミロンガのモーニング
 倉吉駅前をモーニングを求めてぶらぶら。
 倉吉駅前も少しづつ変わってきて、気になるイタリアンや気になる居酒屋(山枡酒店系の日本酒ラインナップ)ができているのだが、案外モーニングをやっているお店がない。
 倉吉駅から見て右手に歩いてかるもを眺めながら179号線に出る。ほとほと歩くとミロンガというまさに地元喫茶があるので入ってみる。ちなみにミロンガとは、南米の音楽やダンスの形式らしい。

 店内では地元の建築業のひとと思しき面々に店主も加わり四方山話。
 私のような客はきわめて少ないようで、店主も少しヨソイキで「何にしましょう」とひとこと、私もヨソイキで「モーニングをホットで」とひとこと。
 プレートとコーヒーが提供されると、常連客と店主は引き続き談笑。何気なく聞いていると、どこそこの土建屋さんが危ないとか、どこそこの社長がいま高級車で通り過ぎたとか、どこそこのパチンコ屋は出ないとか。

 モーニングセットは厚切りトースト、一山のサラダ、ゆで卵とバナナがつく。それとコーヒーで500円。
 毎日来れば倉吉通になれそうな情報料、プライスレス。ミロンガ外観

続きを読む

2008.09.23 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(2) |

 鳥の劇場にて「ヘッダ・ガブラー」を見に行く。
 9月には「鳥の演劇祭」と称して様々な催しが行われたのだが、この演目もその一つ。
 夜22時からの公演という素敵なナイトプログラム、鹿野城下町の裏手、鳥の劇場へ。
 
 鳥の劇場の素晴らしいところは、舞台との距離が2メートルもないという近さで、演者の息遣いがそのまま聞こえてくるような迫力だ。
 なんのごまかしもきかないこの距離で、華やかな社交界や美しい世界に憧れるヘッダの自死までがドラマティックに描かれる。

 いつも思うのだが、演者の立ち位置が見事で、それは建築を見るような配置の美があり、演劇に全く知識のない私でも美しいと思う。

 演目が終わると、演者も交えてのくつろぎのひとときがあり、コーヒーやワインが振舞われる。
 のんびりしながら四方山話をした鹿野の夜、贅沢なひとときを過ごした。
 夜の鳥の劇場

2008.09.22 | daily(日々雑記) | トラックバック(0) | コメント(2) |

 中富のつけめん200921
 つけめんを食べる会も一応終了。
 のんびりと食べに行った中富のつけめん(700円+大盛り100円)の美味いこと。
 なにも考えずに、作ってもらえる幸せと、安定的に作ることの難しさを噛み締めながら食べた一杯。
 ご馳走さまでした。

2008.09.21 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 つけめん2008秋
 つけめんを食べる会2008秋を開催。

 左写真はみなさまが帰ったあとに一人で食べてみたつけめん。

 ちょっと味濃い目だったかもしれない。あと、大盛りにすると後半ダレる気がする。
 ひとり反省しつつ、より一層の精進を誓った2008秋。


 来ていただいたみなさま、どうもありがとうございました。行き届かなかった点も多く、十分におもてなしできませんでしたが、また懲りずに遊びにきてください。


続きを読む

2008.09.20 | lahmen Making(自作ラーメン) | トラックバック(0) | コメント(4) |

 このブログを見てくださっている方に、作成中のつけめんを食べてもらう機会を設けようと思います。
 
 9月20日・21日に拙宅にて行いたいと思いますので、もし参加希望の方がおられましたら、メール(jactaaleaesto@infoseek.jp)←@が大文字です にてご連絡ください。

 興味のある方は、どうぞご連絡ください。

続きを読む

2008.09.16 | lahmen Making(自作ラーメン) | トラックバック(0) | コメント(10) |

 一足遅れのサマーバケーション。
 9月12日から15日くらいにかけて3泊4日、レンタサイクルで京都の寺巡り、智積院、知恩院、西芳寺、大覚寺、南禅寺、銀閣寺、竜安寺、天竜寺、東福寺と思い出せるだけでも9社を回った(現在も写真整理中)が、その合間合間に食べたラーメンは計6店。
 
 以下結構長いので、興味のある方は追記「more」のところをどうぞ。

続きを読む

2008.09.15 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 葡瑠満のモーニング(680円)
 国道9号線から倉吉方面に曲がり、旧羽合町役場の近く、湯梨浜町内に入る交差点のところに葡瑠満はある。モーニングを食べに行ったのは日曜日だったが、15台くらいは停められるであろう駐車場は満車で、地元民のモーニングにかける意気込みを感じる。

 モーニングは4種類あり、Aセット(480円)からDセット(780円)まで100円刻みで準備されており、AセットかCセットまでは普通だが、なんとDセットは和風モーニング(おにぎり、目玉焼き、味噌汁など)だ。
 上写真はCセット(680円)の玉子サンドのモーニングだ。Bセット(580円)がおそらく一番スタンダードなモーニングで下写真、サンドイッチとフルーツがつく分Cセットの方がボリュームがある。

 席はほぼ地元民で埋まっており、席が空くとすぐ次のひとが来てモーニングを頼んでいく。客層もまちまちで、家族連れもあれば一人だけのご老人もいて、話をしたり新聞を読んだりしている。
 この人気はなんなんだろうなぁと不思議に思うが、朝からなにやら賑やかで、楽しい一日が遅れそうな気がするお店。コーヒーは確かに美味しかったけど、Dセットも試してみたかった。
 葡瑠満のモーニング(580円)

続きを読む

2008.09.07 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 はなしょうの生じょうゆうどん
 お茶会の帰り、ふと立ち寄ったはなしょうでいつもの生じょうゆうどん。前にも書きました

 480円(大盛りは+100円)でこのつややかな麺に出会える幸せ。
 薬味にスダチとネギ、大根おろしがついくるが、まずはそのままひとくち、もっちりしたコシの食感に、柔らかな甘みと小麦の香り。
 おもむろに醤油をひとかけ、生じょうゆとの相性は抜群で、醤油の香りと辛み・甘みが絡み合うシンプルにして極上のご馳走。お楽しみに少しだけスダチをかけ、スダチしょうゆでひとすすり、辛味の少ない大根と合わせてひとすすり。

 こういったお店が近くにあるのは、とても幸せなことだとまたもや思った秋の午後。

続きを読む

2008.09.06 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(5) |

 煎茶の風景
 この日はご招待されて、秋のお茶会へ行く。
 機会のない方も多くいると思うが、鳥取市は密かに茶道が盛んな土地柄のように思う。それはもともと城下町で、武家の文化が入ったことや、松江藩(島根県)の有名な松平不昧(ふまい)公の影響などがあると思うが、正確なところはよくわからない。

 写真はめずらしい風韵社流煎茶点前。
 可愛らしいお茶碗に急須で一杯、また、もう一杯と二杯いただく。暑気払いのお点前だったそうだが、少し緊張しながらも、ゆったりとした時間が過ごせた。

 他にもう一ヶ所、裏千家の抹茶のお点前も拝見したが、こちらもお茶席を楽しませてもらった。
 樗谿公園にある梅鯉庵にも足を伸ばそうと思ったけれど、足がしびれてきたのと、少し先にうどんの「はなしょう」が見えたので今日はここまで。そういえば、仁風閣の裏にも、宝泉庵という素敵な庭があるので、今度はそこでもお茶を飲んでみたいと思う。

 花は路地の最後の朝顔。もう秋ですね。

路地の朝顔

2008.09.06 | daily(日々雑記) | トラックバック(0) | コメント(3) |

 ラパンのモーニング
 マチの姿は日に日に変わってしまって、昔フラッグスがあったところはタクシー会社に、ダイエー(トポス)はサーパスに、谷岡印刷は床屋に変わっている。変わらないことが良いことだとは思わないが、変わってしまったことに気づかないのは良くないことのように思える。

 ラパン(lapin=フランス語で“うさぎ”)は袋川の通り、たこ焼きの大幸の近くのこのあたりにあるのだが、いつからあるのだろう、ふと足を止めるとやっていた、立ち止まって入って食べたモーニング(450円)。

 結構な老舗のようで、ご近所の方がひっきりなしに足を運ぶ、このあたりでは良い喫茶店のようだ。
 しゃっきりとした新鮮な野菜と、マーガリンの塗ってある薄切りのパン、綺麗なカップに入ったコーヒーは当たり前のようでなかなかできない、毎日食べても飽きのこないであろうシンプルさ。

 できれば、変わってしまう前に留めておきたいがため、こんな愚にもつかないブログをやっているような気がして、ふと振り返る店の前、変わらないことの価値を思う。
 ラパン外観

2008.09.06 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(2) |

 中富のつけめん
 中富でつけめんを食べる。

 つけめん(700円+大盛り100円)の麺は冷たく、つけだれは熱く供される。麺は中細のつるっとした麺、つけだれは醤油ダレベースの鶏の旨みがよく出たスープで、綺麗な脂が浮かぶまったりとした味わい。
 食べたあとにはスープ割りをしてもらえるのだが、こちらも鶏の旨みいっぱいの飲み干せるスープで、食べたあとには満腹感で満たされる。

 醤油ラーメンもおいしいですが、スープそのものを楽しみたいときには、こちらもどうぞ。

2008.09.05 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(4) |

 ra2のつけめん2
 またもra2でつけめんを食べる。menarukiさんの記事を読んで、確かめておきたいことがあった。
 あまり意識していなかったけれど、確かに初めのころと麺が違う。若干細くなり、加水率が下がった(もっちり感が少なくなった)ような気がする。
 そしてつけだれにも変化が。ブレは以前からあったが、日によって獣系が弱かったり、魚系が弱かったり、最近では酸味(=酢)が多くなったようだ。
 もちろん、これはこれで美味しいのだが、つけめんとして夏仕様なのかもしれない。

2008.09.03 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。