FC2ブログ
 初代麺のすけのしょうゆラーメン
 山陰で最も偉大なラーメンブロガー、麺ある記さんが出店されるというラーメンを求め、松江を彷徨。第7回松江暖談食フェスティバルに参加されるのだという。出店名は「初代麺のすけ」(仮称)。

 この日は天気が良かったこともあり、多くのひとで賑わっていた。「初代麺のすけ」(仮称)はタテ町商店街エリアにあり、麺ある記さんに軽く挨拶して、ひとしきり悩んだ挙句にしょうゆラーメン(600円)に。

 ひとくちスープをすすったときに、思わず「うわぁ」と言ってしまうくらい完成度の高いスープに驚く。
 「天然無化調」(化学調味料なし)を標榜しているだけあり、まろやかな旨みと鶏油だろうか上品な油が醤油と調和する。トッピングには豚バラ肉の大きなチャーシューと半熟卵にメンマ、白髪ネギと線切り唐辛子に海苔が一枚、目にも鮮やか。隠し味に一つまみのゴマとネギ、それに柚子が入っている。
 麺は大黒屋製麺のちじれ麺で、スープによく絡みつるっとした食感。

 あまりスープを飲み干すことはないのだが、ずずっと美味しく頂いてしまった。
 これでペイできる(利益の出る)原価なのだろうから、とんでもないなぁ、と思いながら、スープの旨みと油の使い方を学んだような気分になった。今年、松江にお店をオープンされる予定だそうなので、オープンの際にはぜひお店でこの味をもう一度確かめてみたい。
 ご馳走様でした。。
スポンサーサイト



2009.02.15 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(2) |