上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 浅草今半のすき焼き弁当1231
 今年は東京で年越し。
 大晦日に食べたのは浅草今半のすき焼き弁当豪華版。
 そういえば、忘年会でも食べたような気がするが、こちらは連れ合いへの罪滅ぼしでもある。
 新料理の発見は新星の発見より人類に貢献するサヴァランは言ったが、すき焼き弁当の発見は我が家の東京生活に大きく貢献してくれた。
 この一年に感謝して、ご馳走さま。
スポンサーサイト

2011.12.31 | daily(日々雑記) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 武蔵小山温泉清水湯
 今年はクリスマスイブもお仕事。
 仕事ばかりしていても肩が凝るので都内の温泉へ。武蔵小山に清水屋という温泉があり、ウェブでの評判も良いので立ち寄る。
 結論から言えば、この温泉は素晴らしい。重炭酸ソーダ泉という聞き慣れない泉質の真っ黒な内湯の「黒湯」と、ヨード成分が豊富な黄色い露天の「黄金湯」があり、入浴料も銭湯並の450円。サウナもジェット風呂も水風呂もあり、満足度が高い。初めて行くのであれば、コインロッカーのために100円玉(利用後返却される)を多めに持っていくと良い。
 近所にあれば間違いなく通う都内の温泉、イブの仕事もがんばれそうだ。

2011.12.24 | spa(温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 浅草今半6
 年の瀬の忘年会を浅草今半にて。
 二年越しのすき焼き、美味しくないわけがない。
 詳細は追記にて。

続きを読む

2011.12.22 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 かめや新宿店の天玉そば
 この日は飲み会で新宿へ。
 へべれけに飲んだ後、仲間と天玉そばの元祖といわれる、新宿駅すぐ近くの「かめや」へ。
 立ち食いそばとはいえど、座席が8席あり、3人ほど並んでいるあとに座り、天玉そば(380円)を注文。頼むとすぐ出てくるのが良いところ、大きなかき揚げと温泉玉子、角のあるそばは少し柔らかめ。
 宵越しなので味はあんまり覚えてはいないが、かけそばが230円、玉子が50円、かき揚げが100円という昭和値段。新宿ではシメに立ち食いそば、というのが是である。

2011.12.14 | standing soba(立ち食いそば) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 アンテナショップのかけるだし粉
 毎度の新橋にある鳥取のアンテナショップ定点観測。
 この日見つけた新商品は「かけるだし粉」。アミノ酸などの添加物がなく、さばやいわしなどの魚介系の純粋な粉末。お味噌汁や簡易だしにちょうど良いし、ラーメンにいれても旨みが上がる。
 こういうのを探していたので、正直うれしい。
 アンテナショップのなし飴
 店員さんにプッシュされたのは梨あめ。
 鳥取の梨商品は飽和ぎみだが、この飴は美味しいと言われ正直に買う。となりには「二十世紀梨のど飴」。
 アンテナショップの蟹2011
 蟹もあった。左が親がに、右が松葉がに。
 この日は親がにを1枚、買って帰った。

2011.12.14 | daily(日々雑記) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 萬力屋のつけ麺
 この日は麻布十番でお仕事。
 麻布十番は都心だが下町のような風情があり、外国人が多くて子犬を飼っているセレブが多い。お昼ご飯を探していると、チェーン店とおぼしき「萬力屋」という中華料理店を見つけて入る。

 つけ麺(800円)を注文。店内はお昼時とあって大変混んでいて、隣では欧米系の一家が料理を食べながら団らん、子どもがiPadで何やら遊んでいる。
 出てきたつけ麺は、中太の平打ち麺にとろみのある中華風スープのつけだれで、味としては特筆すべきところはないのだが、たれに片栗粉でとろみをつけてある。最近流行りのこってりとろみ系はモミジでとろみを出すけれど、単純に片栗粉でとろみをつけるのもアリだな、と思った。
 

2011.12.10 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 匠屋の天玉そば
 今更ながら告白するが、立ち食いそばが好きだ。
 お昼で時間のないときのファーストチョイスは立ち食いそばであろうが、東京では大抵どの駅にもひとつくらい立ち食いそば屋が近接している。富士そば、ゆで太郎、小諸そば、箱根そばなど、チェーン店でも一食になるし、なにより早い。

 この日立ち寄ったのは、神保町の「匠屋」という立ち食いそば屋。立ち食いと言いながら、最近椅子の置いてあるお店が多いがこちらもそのひとつ。
 頼んだのは天玉そば(540円)で、器からはみ出るほどのかき揚げと温泉玉子、細麺だが蕎麦感のある麺にだしの利いたつゆ。食べていくうちに気づいたことには、かき揚げが大きすぎると気持ち悪くなる、ということだった。
 このお店では、天ぷらはお勧めしない。ご馳走さま。

2011.12.04 | standing soba(立ち食いそば) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 町イチ村イチの様子1
 この日は有楽町の東京国際フォーラムで「町イチ!村イチ!2011」に参加。
 東京のど真ん中に、各町村から特産品が集まっているのだが、鳥取からも三朝町や北栄町、琴浦町や湯梨浜町などが出ていて嬉しい。知り合いの北栄町の方を見かけて声をかけると、一緒に来られていた北栄町長と一緒に色々と売ってくださって、お土産をたくさん買って帰った。
 地元の食べ物の振る舞いやゆるキャラのパレードなどがあり、見所が多くて迷うくらい、隣では大学生がリクルートスーツを着て就職活動をしていたが、その違いがなんだか可笑しかった。
 町イチ村イチの様子2

2011.12.03 | tokyo=tottori(東京で見つけた鳥取) | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。