上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ガイナーレ鳥取vsグルージャ盛岡での一場面
 目下J3で5位のガイナーレ鳥取は4位グルージャ盛岡をホームに迎える。
 リーグの2/3が終わっての5位、2位以内での昇格を考えると負けられない試合。

 結果的には新加入の39番ハマゾッチが後半ロスタイムに劇的なヘディングを決めて1-0の薄氷の勝利。チュスタでの初勝利にスタジアムは沸いていて、雨の中応援に駆けつけた5千人のサポーターを安堵させた。
 詳細は追記にて。
 
スポンサーサイト

続きを読む

2014.08.31 | gainare(ガイナーレ鳥取) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 エッグベネディクトのモーニングセット
 布勢陸上競技場のとなり、以前パンドラの箱の姉妹店?「Sweet Cafe」があったところに、cafe SOURCEの姉妹店?「TREES COFFEE COMPANY」が入っていることはちょっと前から知っていた。
 モーニングセットもあるらしいので、日曜日の朝に食べに行く。

 モーニングセットは4種類あって、価格の高い順から
 ○エッグベネディクトのモーニングセット(860円)
 ○豆腐とクリームチーズのパンケーキブレックファスト(780円)
 ○イングリッシュマフィンモーニング(680円)
 ○好きなパン+ドリンク(50円引き)
 というようなラインナップで、コーヒーおかわり自由ではあるが総じて高めの価格設定。
 モーニングの時間帯は10時から11時半という時間帯で、11時くらいで女性客が10割。

 頼んだのはエッグベネディクトのモーニングセットで、エッグベネディクトというのはマフィンに玉子とベーコン、それにサウザンドドレッシングをかけたものらしいのだけど、朝から結構重め。サラダはキャベツの千切りにドレッシングをかけたものに濃いめのコーヒーというセット。
 比較的若いひと向けのモーニングセットなのだろう、ご馳走さまでした。

2014.08.26 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 とんきんの玉子カレー
 去年から米子に行くことは多かったが、行っているたびに馴染んでいく不思議なカレー屋がある。
 米子のひとは当然に知っている「とんきん」がそれで、お昼時に行ってみるといつも一杯になっている。

 この日頼んだのは、ベーシックな玉子カレー(480円)。
 ちょっとシャバっとした(シャバシャバではない)ルーは固形のカレールーで作れそうで作れない家庭の味。ご飯も特に特徴があるわけではない普通の白米にごく普通の生玉子。食べているのは普通の喫茶店のカウンター。そんな家庭の味が妙に体に馴染む。
 また来ます、ご馳走さま。

2014.08.22 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 中華そばべんけいのホワイトそば
 最近倉吉でしばしば行っている「中華そばべんけい」。
 この日も未だ食べていないつけ麺を求めて入店。

 つけ麺はこの日もなく、大将が「盆明けくらいに…」と仰るので次のお楽しみにと思い直し、塩中華そば(700円)を注文。
 すると大将から、「面白いのがあるので食べてみませんか」と誘われ、じゃあそれで、と頼んで出てきた白い塩中華そば。乳化した豚骨のクリーム部分をかけた塩中華そばで、クリーミーで美味しい。
 麺はカドのある中細麺、見た目よりあっさりした塩味で、極太のメンマとチャーシュー、ネギとタマネギは相変わらず。
 美味しかったですと言って帰る、なんだか常連になった気分で嬉しい。

 後日、チョコバットさんのブログを拝見したら、限定10食の「ホワイトそば」としてメニュー化されたとあるので、試しにどうぞ。

 塩中華そばの過去記事はこちら
 中華そばの過去記事はこちら

2014.08.21 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(2) |

 鳥飼牛でバーベキュー
 最近新しくできた「あかまる牛肉店」は、フェイスブックなどで評判になっている倉吉市内のソーシャルな肉屋である。この日招待されたN家のバーベキューで、惜しげもなく振る舞われた牛肉は、あかまる牛肉店の鳥飼牛で、甘みのある脂と旨みの強い肉を美味しくいただいた。

 庭先でサーバーから注いだビールと牛肉、それに四方山話を7時間ほど。汲み尽くせぬお酒と美味しい肉に楽しい仲間がいれば、それで十分幸せであると酔った足で帰る道中思い返していた。
 Nさん、楽しい時間と美味しいお肉をありがとうございました。

2014.08.20 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 ラーメンチャンピオンとどろきの豚骨醤油ラーメンセット
 久しぶりにラーメンチャンピオンとどろきを訪問。
 前回の訪問から一年以上経っている。
 このあたりはちょっとずつ激戦区になっていて、最近できた虎我(タイガー)や昔からあるばり馬ラーメン、神楽やra2や笑福などとの競合は避けられない。久しぶりに入ったのはたまたまだったが、他のお店と比べて立地が不利な条件には違いない。

 頼んだのは豚骨醤油ラーメンと肉めしのとどろきセット(750円)。牛骨ラーメンや豚骨ラーメンが500円で食べられるのは特徴的で、博多風の豚骨スープがマイルドで麺も細麺、具材もしっかりしている。肉めしは甘辛く味付けした牛肉のほぐし身を乗せたものを乗せたご飯。
 平均的なラーメン屋だと思うのだけど、少し物足りないのは飛び抜けた特徴がないためだろうか、弥生町などにあればある程度やっていけるクオリティだと思うが。ご馳走さまでした。

2014.08.17 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 タオカフェのタオ定食
 鳥取のカフェめしは色々ある。
 食堂カルンやカフェニーなどは定番になってきたが、TAOCAFE(タオカフェ)に初めて行った。調べてみると、2011年からされているようだから、もう3年になる。
 頼んだのはTAO定食(850円)。ご飯と味噌汁、夏野菜の煮た物にサラダ、鶏肉とトマトの合わせたものという一食。わかりやすく美味い!というものではないが、じわりと染みこむような味わいで、旬の野菜を小鹿田焼に盛りつけてある。
 カフェめしのひとつとして、考えてみても良いと思う。
 タオカフェ入り口

2014.08.14 | cafe(喫茶) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 アメダス茶屋のどんぶり
 出張で日南町へ。
 日南町で食事場所は多い訳ではないのだが、蕎麦でいえばホームランド多里とか、最近イタリアンを始めたというアメダス茶屋が思い浮かぶ。谷が近いという理由でアメダス茶屋へ。

 入ってみると店内はお客さんで一杯。どうやらイタリアンにしてから盛況のようだ。特に地元の人が多いことは方言でわかる。日替わりの「アメダスランチ」も手打ち蕎麦定食も売り切れていたので、焼き野菜と豚ロース肉の丼セット(800円)を注文。前菜から供され、ところてんと小松菜?、それにサーモンと胡瓜の和え物。
 しばらくして丼が供される。オリーブオイルと塩味をつけた夏野菜に豚ロース肉を合わせた丼に大葉とのりがたっぷり。しっかり野菜に味がついているため、ズッキーニとご飯の相性も良い。これで800円なら納得できるともぐもぐ。
 きっとアメダスランチも美味しいんだろうなと思う。ご馳走さまでした。
 アメダス茶屋のどんぶり前菜

2014.08.12 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(6) |

 産業体育館のプール
 色々と思うところがあって、水泳を始める。
 行ったプールについて、細々と書き残していこうと思うので、興味のある方はどうぞ。

 産業体育館のプールは、初心者から上級者まで泳ぎに来る、鳥取市民には知られたメジャーなプールであろう。その昔、ここの水泳教室に通って泳げるようになったが、まさかこんな形で帰ってくるとは思わなかった。

 入館料は夏期で夕方からだったので300円。始めるにはちょうどいい値段。更衣室は広くて、100円を入れると戻ってくるコインロッカーがあり、仕切られているシャワー室がある。
 プールは7レーンくらいあり、メジャーだけに人も多く1レーンに2~3人ほど。入ろうとすると監視員に呼び止められ、キャップを持っていないのであれば今回だけ貸し出すと言われる。このプールではキャップ着用がルールらしい。
 キャップをつけてゆっくり泳ぎ始める、何十年ぶりだかわからないがクロールで25メートルくらいは泳げたけれど、水の中はまだ居心地が悪く30分も持たずにプールから上がる。
 初めてにしては上出来だと一人満足し、へとへとになって帰る。

<鳥取産業体育館のデータ>
料金:一般700円 夏期一般500円 (18時以降は一般500円 夏期一般300円)
時間:10:00~20:00 (夏期は9:30~21:00)
休館:毎週水曜日 (ただし平成26年9月1日から10月3日まで施設工事のため休館)
施設:25メートルプール(7レーン)
    コインロッカーあり(100円)
    個室シャワーあり、採暖室(サウナ)あり、要キャップ着用

2014.08.11 | pool(プール) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 中華そばべんけいの塩中華そば2
 既に倉吉では評判を確立してきた、倉吉駅前の中華そばべんけい
 つけ麺を食べようと思ったのだが、この日は売り切れらしく、塩中華そば(700円)を頼む。

 22番くらいのカドのある中細麺とコクのある塩スープ、太めのメンマと白髪ネギに刻みタマネギ、豚バラ肉のチャーシューのトッピング。それに柚子が隠し味に効いている。
 鳥取県内に美味しい塩ラーメンというのはあまり聞いたことがない(赤碕の堂後は別格として)ので、おそらく鳥取県内で一番美味しい塩ラーメンといえるだろう。
 カウンターには、偶然お隣にホットエアーさんが座っていて、初めてご一緒させていただく。ブロガー同士、お店で会うのは初めてのこと。このお店のレベルの高さを確認した。
 美味しい塩ラーメン、ご馳走さまでした。今度はぜひつけ麺を。

 過去の記事はこちらこちら

2014.08.10 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(2) |

 8月の岩がき
 8月まで天然の岩がきが食べられるのは鳥取の贅沢。
 スーパー(マルイ)で小振りな岩がき4個で498円。7月の末ごろが一番ミルク(とろっとした液)が多いと言われるが、8月もまだ美味しい。
 鳥取のスーパーには殻の開いた天然の岩がきが当たり前に売っている、ということは知っておいて良いだろう。時期は6月から8月末頃まで。

2014.08.08 | sake(日本酒) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 ガイナーレ鳥取対ツエーゲン金沢の試合後の歓喜
 ガイナーレ鳥取は中断明けの最初のホームゲーム、4-2で現在3位のツエーゲン金沢を下した。
 この試合に負けると3位との勝ち点差が10開く試合で勝てたことの意味は大きいが、もっと大きいのは「フェルナンジーニョ」というJ3レベルをはるかに超えた選手を獲得し、最初のホームゲームで活躍して見せたことだ。
 歓喜に湧く5800人のとりスタ、残り13試合で巻き返しを図れるか、サポーターに期待を持たせる試合になった。
 詳細は追記にて。

続きを読む

2014.08.05 | gainare(ガイナーレ鳥取) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 周月のつけ麺大盛
 最近、賀露につけ麺屋ができたことをフェイスブックで知る。名前は周月愛媛資本のチェーン店らしい。
 つけ麺フリークとしては確認しておこうと思い、早速行ってみると人気で満席、かろうじて座ると後には行列ができていた。新しいもの好きな鳥取市民らしい。

 頼んだのはつけ麺(780円)で、中盛(300グラム)から特盛(500グラム)まで無料で麺を増量できる。
 大盛りを頼んで待つこと10分ほど、自家製麺らしく製麺機や小麦粉の袋が置いてあり期待を煽る。
 まずはつけだれをひとすすり。あれ?なんだか酸っぱい。
 中太の麺をつけて一口。やっぱり酸っぱい。醤油のタレに脂の層が重なっているが酸味が突き抜けており、魚介系の香りはするが旨みが足りず、特に動物系の旨みを感じない。首を傾げながら食べ進めるが、やっぱり酸っぱいので諦めた。
 つけ麺専門店と期待して行ったのだが、今度はラーメンでも食べに行こう。
 周月の外観

2014.08.05 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(2) |

 かわぐちのシメの蕎麦
 先日食べた「かわぐち」の蕎麦。
 鳥取を離れた友人夫婦と、蕎麦屋で肴をつまみながら色々と話す。
 かわぐちは何を頼んでも美味しく、日本酒も瑞泉から日置桜と辨天娘もあり、器も愉しい。久々に帰ってきた友人夫婦をもてなすにはちょうど良いお店で、閉店の時間まで砂像のことや子どもの成長のことなど話した。締めに蕎麦を食べたのだが、満足してもらえただろうか。ご馳走さまでした。

 かわぐちのもろきゅうとビール

2014.08.02 | sake(日本酒) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 はなの舞で同窓会
 はなの舞は居酒屋の全国チェーンだが、侮るなかれ、ご当地に合わせたメニューも出てくる、ちょっと気の利いた居酒屋である。
 東京時代にはよく使わせてもらったので、倉吉市内の進もあぜくらも閉まっている日曜日(ちなみに誠十郎はいっぱいだった)、懐かしいメンバーと一緒に飲む。

 撮り忘れたが、鷹勇のなかだれと諏訪泉の満点の雫があり、白いかは刺身と揚げ物で出してくれる。
 倉吉駅前で悩んだときには、はなの舞をおすすめしよう。

 シメにはごっつおラーメンを食べて帰った。牛脂が主張しすぎず、とても綺麗なラーメン。ご馳走さまでした。
 シメのごっつおラーメン

2014.08.02 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。