上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 藍概観
 ある雪の日に若桜鉄道に揺られて若桜へ。
 前日の寒波の影響でひどい雪になったが、この日は大阪から蔵見学に来られる方々と合流するため、朝8時30分には若桜に着いた。駅前は雪化粧、開いている店なんかひとつもない。
 雪も降り続けているため、喫茶店を探したがあんまりやっている気配がなく、店の前で立ち尽くしていると、お店のひとが来られて店を開けてくれた。人の情けが身に染みる冬の朝。
 名前は「珈琲館藍」というお店らしい。いわゆる地元喫茶店で、こんなお休みの雪の日でもやってくれるだけで感動してしまう。
 「珈琲でいいかな。」
 店を開けてくれたお店のおかみさんが聞く。こんなところで口幅ったいが、やはりモーニングが食べたい。
 「珈琲と…モーニングで。」
 まだ開店の準備もままならない朝の喫茶店で出てきたモーニングはこちら。
 藍モーニング
 厚切りトーストとサラダ、卵はプレーンなオムレツだ。珈琲館と冠するだけあって珈琲がおいしい。地元に愛される喫茶店らしく、ボリュームもあり、お値段も手ごろ(500円)だ。
 やはり食べ物には物語が必要で、辺鄙なところにあるラーメン屋が印象に残るのはそういった理由からだと思うが、若桜に来るたびに思い出しそうなモーニングになった。

 格好つけようとして、「お釣りはいいです」と言ったものの、「何で?」と切りかえされて、お釣りを受け取ってしまったけれど、朝早くからご馳走になりました。改めて、この場を借りて御礼を申し上げる次第。
関連記事

2008.02.17 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(2) |

いきなりお邪魔してしまいました
先程は楽しかったです
これからも彷徨を楽しみにしてますので、めいっぱい彷徨ってください

2008.03.01 00:10 URL | みや #- [ 編集 ]

みやさん、先日はどうも。すっかり遅いリアクションでごめんなさい。
最近、弥生町を彷徨うことが少なくなってきたと危機感を募らせておりますので、また近々お会いできること楽しみにしています。
そして、くれぐれも兄をよろしくお願いします。

2008.03.05 20:09 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/121-19a343b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。