上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 武蔵屋食堂の中華そば大盛り
 武蔵屋食堂は鳥取駅から若桜街道を県庁のほうに歩き、若桜橋を渡ってしばらく行った、丸福珈琲店の角を入ったところにあるのだが、しばらくお休みだったので久々に覗いてみるとお昼にやっていた。
 いつもなら素ラーメンを注文するところだが、今日は趣向を変えて中華そば大盛り(690円)を注文。老舗の食堂の中華そばって、それだけで価値があるような気がする。

 ご覧のとおり、無骨な盛り付け(失礼)だが鶏ガラだしの香りがぷんとする。鶏ガラを中心に煮込んだスープは昔の中華そばそのままに、麺は中太柔らかめの中華麺、具は煮豚とメンマ、かまぼこが入っている。
 難をいえば、鶏ガラの臭みが気になるところで、もっと香味野菜や果物と煮込んでもいいんじゃないかと思うが、これが古き良き時代の味で、昔の中華そばはこんな感じだったのかもしれない。

 しばらくはお昼だけ(11:00~15:00)の営業みたいですが、丼モノや麺類など豊富にあるので、お昼時にぜひ。
関連記事

2008.05.15 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(2) |

懐かしいですね。
県庁にいた頃、何度か利用したことがあります。
“きつね丼”が良かったな。
シンプル イズ ベストを感じた店でした。

2008.05.28 06:45 URL | メデューサの瞳 #- [ 編集 ]

メデューサの瞳さんコメントありがとうございます。昔ながらの食堂、っていう感じで時折行きたくなるお店です。
中華そばより、やっぱり素ラーメンがいいみたいです。
きつね丼、未食なので今度食べてみます。。

2008.05.31 10:48 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/155-e11ad45e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。