上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 かきのある食卓
 連れ合いのいぬ間に久々の昼酒。
 魚市場に行くと岩がきが出ており、またこの頃が旬の生きのいいトビウオ(鳥取ではアゴと言う)があったので、これで一杯やろうと夕食まで待てずにささっと調理していただく。

 迎える日本酒は智頭・諏訪酒造の「田中農場」18BY。谷本酒店で三千円くらいで入手。特約農家(田中農場)の山田錦を70%の精米で仕上げたレアボトルだが、鳥取では身近に手に入る。 天然岩がき
 そして、生の岩がき。鳥取に暮らす、夏の最大の楽しみはこれかもしれない。
 さっとレモンを絞って、生のままスルリ。嗚呼、美味い。とろりとしたミルクといわれる肝の部分のまったり感、そして甘い余韻。そこにキレの良い田中農場を流し込むと、舌の上の余韻が転がって、甘さが酸味と旨みに包まれて喉に流れていく。

 幸せな瞬間は一瞬だが、また今年もこの季節がやってきた。
 岩かきの一番良い時期は、ミルクの乗ってくる7月から。辛口の地酒と一緒にどうぞ。
 岩かきの食べられるところは?と良く聞かれることがありますが、鳥取市内の寿司屋やちょっと良い居酒屋では確実にあります。市内では、個人的におススメなのは喜多八寿司炉端かばジャパンズあたりでしょうか。もちろん、久松やしもむらあたりにもある(はず)。
 それと、鳥取砂丘の鯛喜では、その場で開いて食べさせてくれます。これも美味しい。
関連記事

2008.06.14 | sake(日本酒) | トラックバック(0) | コメント(2) |

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.06.16 19:35  | # [ 編集 ]

コメントありがとうございます。山陰つながりでどこかでお会いしているかもしれませんね。
かきですが、毎年生で食べていますが、いまのところあたったことはありません。
一度あたると大変らしいと聞きましたが…美味しいので食べちゃうんだろうと思います。

2008.06.20 06:26 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/161-49f012e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。