上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 がいな祭の万灯
 ちょっと足を伸ばして米子のがいな祭に初参加。
 「がいな」とは地元のことばで「大きい、すごい」といった意味合いで、祭の規模もそれなりに大きい。今まで参加する機会に恵まれなかったが、ちょうど境港のまぐろラーメンも気になるので足を伸ばそうと思い立った由。
 モトマチロマン
 ぶらぶらと米子のアーケード街を歩いていくと、浴衣姿の男性女性もちらほら、祭の気配に誘われて、中学生や高校生が忙しげに走り回っている。

 米子のアーケード街は個人的に一番好きな米子スポットで、中野ブロードウェイのように怪しくて素敵だ。そこには油屋書店(現在閉店中)があり、ベリエがあり、昔ながらのボタン屋がありカフェドドドがある。
 途中、いつもは鉄道公園?のところにモトマチロマンがあった。確かにロマンありそう。

 ずるっとアーケード街を抜けて駅前の大通りに出ると人の波、がいな万灯が波のように向こうから押し寄せてくる。大通りの両端に続く屋台と、往来を彩る万灯はまつりのそれで、米子の「のぼせもん」たちが万灯を手のひらや額で支えるパフォーマンスを見せる。

 延々と続く万灯の波、祭の夜は賑やかに、光の中に溶けていった。
関連記事

2008.08.02 | travel(旅行記) | トラックバック(0) | コメント(2) |

がいな祭り、懐かしいです。
もう何年も行ってないな~~。
いつか、また行きたいとは思うのですが。

懐かしい、写真ありがとう

2008.08.07 20:47 URL | 14703 #j5VTixwA [ 編集 ]

14703さんはそういえば米子出身でしたね。

私は初めてだったのですが、こんなに人手の多い祭りだとは思っていなかったのでびっくりしました。

あの「がいな万灯」に参加できれば、また違った楽しみ方ができそうで、いつか参加したいなぁ、と思いました。

2008.08.08 09:37 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/185-61da573e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。