上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 二十一世紀になっても、鳥取では二十世紀梨が健在である。
 今や赤梨(幸水や豊水ですね)が主流となったフルーツマーケットにおいても、鳥取では迷うことなく手間のかかる二十世紀梨を作り続けている。

 鳥取砂丘の近くに、梨狩り園が多く点在する地域がある。ここで、旬の梨狩りをしました。
 場所はこのあたり
 入場料800円を払えば、あとは梨園内で食べ放題。梨好きの方には楽園かもしれない。
 梨園ではもぎ方を指導される。枝ごと切ってしまうと新芽がとられてしまうことがあるからだ。
 何個か食べると飽きてくるが、甘酸っぱくておいしい。果汁が多いのが特徴で、手がベトベトになるくらいの水分がある。
 このあたりには、数多くの梨園があり、梨直売所があり、梨の木がある。
 鳥取で一番の特産品、二十世紀梨は9月末まで。今世紀もおいしいよ。
 梨の枝つき.JPG むき梨.JPG

関連記事

2006.09.08 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/20-ef60ad96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。