上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 滋賀の路面電車
 連れ合いの用事で滋賀へ。
 18切符で東海道を行き来していたころ、彦根や米原は要所だったので降りたこともあったが、大津に行くのは今回が初めて。
 車で行ってみて気づいたのは、鳥取と同じような、あるいはそれ以上の車社会であること。歩道にはほとんど人通りがなく、国道には付近の駐車場が図示され、空き状況が示されている。路面電車も走っているので、そちらも使われているのかもしれないが、バスにもあんまりひとが乗っていないので、車は必須なのだと思う。
 ひき山ストリート
 浜大津の駅から歩いて5分、丸屋町の商店街はこんな感じ。アーケードの中には魚屋や肉屋が昔ながらの商売を続けており、人通りはほどほど。中には、結構年季の入った漬物屋や造り酒屋もあって、見所はなかなか多い。川魚専門店があるのが珍しく、これは琵琶湖独特だなぁと思う。

 鳥取のサンロードにも共通点が多いような気がするが、土曜日の午後でもところどころシャッターを下ろしたお店があり、どうやって商売しているのかわからない八百屋がある。喫茶店や服屋もおそらく趣味の領域で、あまり現代的な金儲けの思想はないのだろう。
 アーケード街から少し外れたところに、由緒のありそうな鮒寿司のお店があったので入ってみる。お店の名前は「阪本屋鮒寿司」。江戸時代からやっているそうである。 阪本屋鮒寿司
 経験上、こういったお店は間違いがないので、鮒寿司と鮎寿司を買ってみる。
 鮒寿司はいわゆる“なれずし”で、米は発酵のために敷き魚の身だけを食べる発酵食品。珍しいので、お土産にもひとつ買った。
 あとは滋賀のお酒を…と思いながら、調べておいた「小川酒店」を目指した。
関連記事

2008.10.25 | travel(旅行記) | トラックバック(0) | コメント(4) |

お早うございます、

大津に行かれたのですね、小学生の時(50年前です*笑)に2年間ほど住んでいましたので今でも好きな町です、今年は石山寺で源氏物語1000年祭などやっているようですが、今や大阪、京都のベッドタウン、商店街も小さくなりました。

有名な小川酒店さんでのお話楽しみにしています。

さて、11月7日予定通り境港にまいります、日が近づきましたら又連絡させて戴きますが、日置桜さんには連絡を入れておいたほうが宜しいでしょうか?出来ればお蔵を訪問したいなと思っておりますが。
色々とお手数をおかけいたしますが宜しくお願いします。

2008.10.31 06:50 URL | luckyfields #- [ 編集 ]

浜大津と言えば「天下ご麺@大津」素晴らしい店です。

どこへ行ってもラーメンとなるのは私だけですね(^^;

2008.10.31 23:30 URL | menaruki #mQop/nM. [ 編集 ]

luckyfieldsさんこんにちは。すっかりお返事が遅くなってしまいました。

こちらで日置桜さんに連絡をとってみますが、前回行ったときには事前連絡せずにお酒をわけてもらいました。
蔵見学ができるかどうか、聞いておきます。

小川酒店さんって有名なんですね。造り手の思いを伝えてくださる、良いお店ですね。

2008.11.05 06:20 URL | k-hz #- [ 編集 ]

menarukiさん先日は失礼しました。

私も事前リサーチをして「天下ご麺」、行ってきました。レポができていませんが…。
丁寧な店作りと細かなこだわりに好感を持ちました。

どこに行っても、ラーメンとお酒のことは私も忘れておりませんよ(笑)

2008.11.05 06:25 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/232-d13099e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。