上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 レンタサイクルでラーメンのために新潟彷徨。
 以下、興味のある方はどうぞ。
 新潟大勝軒のつけめん
 ネットで調べた結果、新潟ラーメンというのは結構幅の広い文化であるようで、短期間の新潟滞在では行きつくせないと思ったが、それでも折角だから駅前でレンタサイクルを借りて何軒か回ってみた。
 一軒目は新潟でも暖簾分けしていた新潟大勝軒。店の入り口には大勝軒の生みの親、山岸さんと一緒に写った店主の写真がどーんと飾ってある。

 注文したのはつけ麺普通盛(680円)。もりそば、ではないようだ。いわゆる「あつもり」も、オプションの一つにはあるが基本は冷たい麺のようである。
 麺は自家製のつるっとした麺で、東池袋よりは細めでもっちり感も少なめだが喉越しが良い。スープは確かに大勝軒のそれで、完熟たまご、たっぷりのチャーシュー、メンマとナルト、ネギが入っている。つけめんとして美味しく、新潟で大勝軒の味を楽しめるのは羨ましい。
 東横の特製みそ
 次に行ったのは東横紫竹山店。味噌ラーメンの名店との触れ込みだが、その真価や如何。
 注文したのは特製味噌ラーメン(860円)。大ぶりな、丼の半分以上を覆う一枚チャーシューが乗っかってくるのが特製で、実際に目の当たりにするとびっくりする。ここのもう一つの特徴は、昆布と煮干?、それに生姜の少し入った割りスープを一緒に提供されることで、濃い目の味噌を調整してください、というもの。
 麺は極太麺、味噌はコクのある濃い味。トンコツやらトリガラやら、といったことは関係なしに、まさに「味噌!」という主張が心地良い。キャベツともやしが食感を増し、一杯でとても満足できる。
 新潟市内に何軒かあるようだが、確かに味噌ラーメンの名店だと思う。
 無尽蔵のつけめん
 最後は駅前の無尽蔵というお店。

 本当は「孔明」というつけめんのお店に行きたかったけれど、店の前まで来てお客さんが並んで待っており、レンタサイクルを返す時間が迫っていたので敢え無く断念。駅の南側、国道が通る大通りはまさにラーメンストリートで、前述の東横やこの孔明など、自転車で回っただけでも何軒も見た。
 この頃にオープンしたのか、一風堂もこのあたりにあり、警備員がつくくらいひっきりなしに車が出入りし、行列が出来ていたのが印象的だった。新潟市民は、このあたりに車で来て、家族でラーメンを食べるようだ。自転車でラーメンを食べにくるひとは結構少ないようだった。

 レンタサイクルを返し、駅前のビルに入っている「無尽蔵」というお店に入ってみる。
 この店の売りは柿ポリフェノールの入った麺らしく、じゃあつけ麺で、と注文したつけ麺(860円)。
 麺は中太のしっかりしたコシのある麺。歯ごたえが良く、柿ポリフェノールも侮れない。問題はつけだれで、つけめんを全く理解していないと思われるユルさ。ダシの利かない醤油スープをラーメンと同じように作り、麺と別々に出しているだけ。店は居酒屋として繁盛しているようなので、できれば居酒屋としてやっていって欲しいと思う。
 いづもそば@新潟
 夜も更け、折角だから一杯やろうかと思いウロウロしていると、駅前に「いづもそば」と書かれた蕎麦屋があったので、気分を変えて、おろしそばを頼んでみた。酒は銘酒「吉乃川」の普通酒、蕎麦は出雲蕎麦のはずだったが、麺がゴワゴワして、少し悲しかった。

 新潟で大勝軒や出雲蕎麦を食べることもあるまい、と後から思った。
関連記事

2008.11.01 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/236-c7f5d5e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。