上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 にいがた食の陣
 レンタサイクルで回ったところで言えば、新潟は駅を中心に駅北のビル・ホテル街と駅南の飲食店街、そして信濃川を挟んで旧市街地がある。towerofthesun氏が調べてくださったところでは、まさにこの日、にいがた食の陣という一大イベントをやっており、旧市街地である古町、本町あたりでは露天が出ているというので行ってみた。

 本町~古町の露天では野菜や果物のほかに、鳥取ではお目にかかれない乾物や麩などの露天もあって珍しい。車麩、という筒状の輪切りになったお麩を初めて見たが、最初はバームクーヘンかと思った。何を食べようか迷ったが、米粉パンを使った「新潟バーガー」の海老しんじょうバーガーを食べながら歩く。もっちりしたパンに和風の海老しんじょうが挟んである和風のハンバーガーだが、あんまりぐっと来ない。

 日本酒の露天もあり、純米一合500円だったので誘われたが、じっくり飲み比べしたいのでここは我慢。その先には米粉を使った「こしひかりラーメン」というのもあり、こちらだったかと思ったがこれも見過ごした。どこまでも米どころを貫く姿勢には驚嘆する。
 古町の路地
 ちょっと裏通りに入ると路地があり、普段は静かなところなのかなと思う。路地の先には小料理屋やお座敷があるようで、結構奥が深そうだ。話にきいたところでは、ここ古町は昔の花町らしく、そういわれると確かに芸奴さんなんかが三味線を弾いていてもおかしくはなさそうな旧家の店先の風情。
 新潟の日本酒3本
 結局、駅前の酒屋で有名どころの日本酒(〆張鶴、清泉、鶴齢)4合瓶を3本買ったけれど、どれも綺麗なお酒過ぎて主張するところが少なかった。(尤も、清泉の七代目は、生酒だけあって良い香りと力強さがあったが。)
 単純な比較は出来ないだろうが、同じくらいの値段だった滋賀のお酒3本(不老泉、大治郎、七本槍)の方が主張があって、レベルが高いように感じた。
 何より、行ったところの日本酒のお店には観光客向けの「越の寒梅」や「吉乃川」が良い値段で置いてあり、探していた鮎正宗(上選カップはアリ)や天神囃子が無かったのが残念。
 たぶん日本酒に関しても、古町のように奥の深い世界が、イチゲンさんには見えなかったのだろうと解釈している。
関連記事

2008.11.01 | travel(旅行記) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/237-2913b776

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。