上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 中富のつけめん210523
 中富のつけめんは700円で大盛りは+100円。

 麺はつるっとした中太の麺、スープは豚骨と鶏ガラの旨みが乗り、魚介が香る濃い目の醤油味。
 具に大きな一枚のチャーシューとメンマと海苔、たまねぎとキクラゲとワカメはこの店のアイデンティティともいえる。

 つけめんは麺を楽しむものだと思うが、この店ではスープも楽しめる。
 一度食べると、頭の中でまったりとしたその旨みが反芻し、また行って食べたくなる美味しさ。
 
 食べ方は追記にて。

 まずはオーダーする。
 ラーメンの誘惑に負けてはいけない。今日はつけめんしか考えられないのだ。
 麺が茹で上がるまで、新聞(なぜかこのお店は朝日だ)やら美味しんぼやらで気を紛らわす。
 「お待たせしました~」と、おかみさんの声とともに運ばれてくるつけめん、確かにこの瞬間までにどれだけ待ってきたことか。

 最初にスープをすすり、麺をつけ、一口食べる。それから、チャーシューを箸で細かく切り、それぞれの具と相性を確かめるように食べる。チャーシューと、わかめと、メンマと。そしてまたスープをすする。
 そして、麺だけ食べてみる。絶妙な茹で具合。
 だんだん満足してくるけれど、最後まで気を抜いてはいけない。最後にはスープ割りをしてもらって、スープも飲み干す。
 至極の一杯、お腹も心も満腹になる。
関連記事

2009.05.23 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(2) |

私の場合、まず麺からですね~。スープはその次。そして具。


美味いですよね、あの麺。ツルッとして小麦の香りがちゃんとしていて…。 スープ割りはあえてせず、ちびりちびりと啜るのが最近のマイブーム。後で喉が渇きますけどね(笑)

2009.06.02 06:33 URL | チョコバット #- [ 編集 ]

チョコバットさんコメントありがとうございます。

食べ方の流儀は人それぞれだと思いますが、麺からいきますか。私もしばしばスープ割りせずにそのまま飲んでしまうことが多いですが、もうひとつの楽しみ、といったところでしょうか。
飲み干すと、必ず身体に跳ね返ってくるような気がして怖いですが、そこは敢えて無視しています(笑)

2009.06.18 05:45 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/306-61a1d8e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。