上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 さんこほうのつけ麺最近、米子の皆生温泉に新しいラーメン屋ができたことは、少し前から知っていた。お店の名前は「麺処三鈷峰」、お店につけ麺の文字もあるので、楽しみに暖簾をくぐる。

 注文したのはつけめん(700円)の中盛。スープの香りで、まともに作っているつけめんであることがわかる。
 つけだれは鶏の旨みが良く出たスープで、魚系もしっかりしている。麺は中太のつるっとした麺で、もっちり感はないがスープに合う麺。
 米子に行く楽しみがまた増えた気がする。麺ある記さんも行かれているようだ。
 さんこほうのメニュー
 スープだけ見ても、間違いなくしっかりした仕込みをしていると思います。多分、ラーメンも美味しいのでしょう。
 難を言えば、上に乗っている水菜が少し主張して、麺とスープの邪魔をしてしまうことくらいでしょうか、でも正統派のつけ麺、ぜひ一度おためしあれ。
関連記事

2010.02.16 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/390-283d4e31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。