上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 日本酒フェアオープン

 池袋サンシャインシティで開催された、日本酒フェア2010の鳥取ブースにて、鳥取県酒造組合の一員として参加。
 いつから酒造組合に入ったかはさておき、鳥取ブースには「かんすけ(燗をつけるお湯台)」が二台置かれ、錫製のちろりで燗酒を楽しんでもらった。
 鳥取に燗酒あり。好評を博した日本酒フェアの模様は追記にて。
 
 日本酒フェア鳥取ブース

 「酒は純米、燗なら尚良し」という上原浩先生の言葉が飾られた鳥取ブース。
 県内19蔵の純米酒が勢揃いし、ご希望により燗酒を楽しんでもらう。

 鳥取からも、諏訪泉の東田さん、日置桜の山根さん、山陰東郷の福羅さん、三朝正宗の藤井さん、千代むすびの営業の佐野さんが参加。
 お昼の時間帯はメディア関係のひとや酒販店さんが多く、それぞれの得意な領域での営業もされていた。

 各県のブースが出展されるなか、季節柄なのか冷酒を全面に押し出しているブースがほとんど。ブースにも個性があり、佐賀県はスタンドバーのようなブースのつくりになっていたし、愛媛県は酒ケースを使った立ち飲み屋のようなブースを出していた。
 日本酒フェアさがブース
 日本酒フェア愛媛ブース

 夜の時間帯になると、サラリーマンや一般の方が入ってきて大賑わい。ちなみに今回のフェア、千円の入場料を払えば誰でも入ることができる。利き酒が中心なので、一種類をたくさん飲むことはできないが、数多くの種類を試すことができ、ブースによってはつまみも用意され、千円で十分に楽しむことができる。
 なお我が鳥取ブースは、長年の経験から鳥取のアンテナショップで買った「生干しほたるいか」と「あぶり板わかめ」を提供し、大好評だった。(この生干しほたるいか、アンテナショップに売っているのだが、県内ではあまりお見かけしない逸品で、日本酒のつまみに最高)

 終了後には、日置桜の山根さんと山陰東郷福羅さんで新宿二丁目の松の屋さんで打ち上げ。
 日本酒の話やお米の話などで盛り上がり、最後は松の屋さんの隠しメニュー、カレーライスで締めた。

 出展された酒蔵のみなさま、お疲れさまでした。
 来ていただいたみなさま、ありがとうございました。

 松の家の焼き鳥
 松の家カレー
関連記事

2010.06.16 | sake(日本酒) | トラックバック(0) | コメント(2) |

中々に東京ライフを楽しまれているようですね。

この流れだと鳥取の利き酒には出るんですか?

2010.07.10 21:53 URL | ホットエアー #- [ 編集 ]

ホットエアーさんご無沙汰しています。

利き酒大会は地元開催なので、日程が合えば帰って勝負しますが、今年はちょっと厳しいかも。
既に鳥取の酒造組合の一員なので、鳥取でもお手伝いをしているかもしれません。

2010.07.11 09:42 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/416-c1fd49c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。