上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 覆面智のラーメン

 神保町で怪しいラーメン屋を発見。
 外には豚の骨が吊してあり、暖簾になにやら白い字でごにょごにょと書かれているだけ、メニューもなければ看板もない。本当にここはお店なのかと入ってみると、中には券売機があり、「いらっしゃい」とおじさんに声をかけられる。良かった、ラーメン屋で間違いないようだ。

 後でわかったことだが、名前は「覆面 智」、昔は覆面をして営業していたようだが、もうやめてしまったようだ。
 ラーメン(800円)は無化調に強いこだわりがあるらしく、宗家一条流の「がんこ」系、コクのある醤油スープに細麺が絡む。ちょっと具材が多く、美味しいスープを邪魔しているような気がしてしまうが、無化調でここまでできるなら素晴らしく、細麺も確かに合っている。

 ご主人に話をしてみると、案外話好きそうな方で、異様な外観と中のギャップがこの店の良さなのだろう、無化調でこのコクは素晴らしいと讃え、ちょっと満足して店を後にした。
 ちなみに、なぜか夜は会員制。
 覆面智の外観
関連記事

2010.10.02 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/455-89620ae7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。