上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


 丸福珈琲店は鳥取市内で最も古い(昭和28年開業とある)喫茶店のようである。
 この老舗のモーニングは如何ばかりか、気になっていたところであった。ホットケーキを所望する連れ合いを朝早くに起こしていざマルフクへ。過去の記事はこのあたり
 丸福珈琲店外観
 店の前にはモーニングの案内がある。
 老舗らしからぬ可愛らしい書体。
 入り口から入ると、8時過ぎだというのに既に相当数のテーブルが埋まっている。そのほとんどは地元のおじさん(60代~80代くらい)であり、若者の姿はほとんど見えない。一種異様な空間である。 丸福珈琲店のモーニング
 モーニングはこんな感じで500円。
 トースト(バター・ジャム・マーマレード・はちみつバターから選択)、サラダ、コーヒーと、ベーシックからややシンプルな構成。
 連れ合いはホットケーキダブル(730円)にメイプルシロップをかけておりモーニングには興味のない様子。

 食べ初めてから気づいたことだが、この店のお客さんはモーニングをあまり食べていない。コーヒーだけを注文してなにやら世間話をしている。おまけに気が済むとお勘定もせずに「じゃあ」みたいな感じで店から出て行く。出て行くのと同じくらいのおじさんがまた同じように入ってくるのだから、老舗っていうのは恐ろしい。

モーニング看板 この日食べたのはマーマレードのトーストだったが、ちょっと厚切りのトーストに薄っすらと塗ってあるマーマレードは嫌味がなく、コーヒーはいつものように煮詰めたように濃く、サラダは申し訳程度に卵とプチトマトが入っていた。 
 モーニングよりも、朝の風景としてすごいものを見た、という感慨。老舗は伊達ではない。
関連記事

2007.09.17 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(4) |

昭和40~50年代(^^;)、親に連れられてよく行っていました。当時はモーニングはなかったですね。常連さんは、座る席もほぼ決まってるんですよ…あ、でも一見さんが自分の席に座っていたからといって、文句を言ったりはされませんからご安心を。

2007.09.20 09:57 URL | 顧問Y #- [ 編集 ]

なるほど。常連さんはモーニングのある前から来ているからモーニングを頼まないんですね。
座る席まで決まっているとは…多分お邪魔はしなかったはずなんですが、それ以上に不思議だったのはどうやってお勘定を済ませているのか(何かコーヒーチケットみたいなものがあるのか)という決済システムです。

2007.09.21 05:43 URL | k-hz #- [ 編集 ]

はじめまして。

かなり以前に書かれた記事のようですが、丸福珈琲店で検索してたらこちらのブログが目にとまり、ふらふらと訪問してしまいました。

しかも、今日注文したのが丸福珈琲店のモーニングだったので、ドンぴしゃ。

相変わらず、あの独特のコーヒーは病みつきになります。

2010.09.28 16:07 URL | ほっとくん #T403ikhU [ 編集 ]

ほっとくんさん、ご訪問とコメント、ありがとうございます。

丸福珈琲店、変わっていませんでしたか。
あの煮詰めたような濃い珈琲が東京では懐かしいですね。
確かこれはモーニングを研究し始めた頃の記事。

ここのホットケーキは、連れ合いが言うには暫定日本一美味しいホットケーキなので、ぜひ一度ご賞味あれ。

2010.09.30 22:03 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/48-b0a5cf60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。