上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 湯島の梅230226
 ちょっと暖かくなったので、新調した自転車で湯島へ。
 梅の時期だけあって、湯島天神は多くの人で賑わっている、かく言う自分も梅を眺めに来たのだが。

 湯島といえば学問の神様・菅原道真公を祀る神社なのだが、太宰府に左遷された道真公の霊を慰めるために祀ったとされる。後世になって偉人を学問の神様に崇められるのは、万物に神様を見出せる日本人特有の感覚だろうが、これにあやかって「○○大学合格!」といった願掛けの絵馬がこの神社の至る所にかかっている。 湯島の梅と願掛け札
 梅よりも絵馬が満開のようでもある。
 神社の裏手にある美しいしだれ梅が満開で見頃、社内の紅白梅はあと1週間後くらいが見頃だろう。

 それにしても、多くの人が写真を撮り合っている。
 世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし、という和歌を思い出した、学問の神様もこの時期は色々と心穏やかではないかもしれないな。
 湯島の梅と参拝客

 
関連記事

2011.02.27 | travel(旅行記) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/493-4a86b172

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。