上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 この日は天気が良かったので、ちょっと足を伸ばして北但馬(兵庫県北)にドライブ。
 以前から噂だけは聞いていた、香住あたりにあるつけめん屋を探しに行く。
 事前にちょっと下調べして、大乗寺(応挙寺)の先にあることがわかっていた。
 鳥取市から車で約一時間、くわぶろ屋で注文したつけめん(650円)はこちら。
 くわぶろ屋のつけめん

 麺は中太でコシのあるしっかりした麺。スープは豚骨(と鶏?)で魚介類のダシを加えたのWスープ、隠し味に柚子の果肉が入っている。ちょっと醤油がきつい(濃い)感じがする。問題は柚子の果肉で、風味を加えるだけなら良いが、それと同時に皮の苦味が雑音になってうるさい。
 麺を楽しむためには、あまりスープと絡ませない方が無難か。厚切りのチャーシューは存在感があって美味い。ちなみに、サービスとしてサラダがついてくる。
 一番驚いたのは、食べ終わった後のスープ割り。カツオだしの濃厚なスープが、きつかった醤油をやわらげておいしく飲める。
 くわぶろ屋の外観
 くわぶろ屋看板
 場所はこのあたり
 営業時間は昼間(11:00~14:00)と夜(17:00~24:00)があり、夜のメニューも充実している。定休日は月曜日。地元なら、飲みに行ってシメにつけめん、というのも楽しめそう。
 さて、折角なので大乗寺でもお参りに行くか。

 ※くわぶろ屋さんは現在閉店しており、新しいお店「芭蕉庵」をされています。
関連記事

2007.05.27 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/57-6bf10aaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。