上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 つくしのこのお造り
 職場の先輩に誘われて、久々に昔の上司夫婦、懐かしい先輩と一席。
 場所は池尻大橋の「つくしのこ」。以前蟹まつりをやったときに一日中蟹を捌いていた、思い出のお店だ。日本酒の品揃えが半端でなく、おかあさんの作る料理も懐かしくて美味しい。

 最初に獺祭のにごりから。料理は折々に出てくるが、手の混んだものというより家庭料理風。好みの日本酒を何種類も飲みながら話が進み、而今、十四代、富久長(とおるスペシャル)など冷酒と燗を織り交ぜながら夜遅くまで愉しむ。
 料理もお酒も美味しかったけれど、逆説的に、何を食べるかよりも誰と食べるかというのが重要で、こういった一席にお呼ばれした幸せを感じた。
 
関連記事

2011.09.15 | sake(日本酒) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/573-f1336d00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。