上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 匠屋の天玉そば
 今更ながら告白するが、立ち食いそばが好きだ。
 お昼で時間のないときのファーストチョイスは立ち食いそばであろうが、東京では大抵どの駅にもひとつくらい立ち食いそば屋が近接している。富士そば、ゆで太郎、小諸そば、箱根そばなど、チェーン店でも一食になるし、なにより早い。

 この日立ち寄ったのは、神保町の「匠屋」という立ち食いそば屋。立ち食いと言いながら、最近椅子の置いてあるお店が多いがこちらもそのひとつ。
 頼んだのは天玉そば(540円)で、器からはみ出るほどのかき揚げと温泉玉子、細麺だが蕎麦感のある麺にだしの利いたつゆ。食べていくうちに気づいたことには、かき揚げが大きすぎると気持ち悪くなる、ということだった。
 このお店では、天ぷらはお勧めしない。ご馳走さま。
関連記事

2011.12.04 | standing soba(立ち食いそば) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/593-a8cbada6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。