上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 中華そばたかはしの中華そば
 飯田橋の駅を出て橋の向こうの方に行列が見えることがある。それが「中華そばたかはし」だ。
 なぜ並んでいるのか知りたくなって、開店前に並んでみる。開店前に8人くらい既に並んでおり、全員男性だ。

 店内はカウンターのみ、メニューを聞かれて中華そば(700円)を頼む。雲吞麺や高菜麺というのもあり、大抵のお客さんはそのあたりのメニューを頼んでいる。有名店によくある「暗黙のルール」があり、よくわかならいオーダーもあるようだ。
 スープからいただく。豚の脂が膜を張っており、火傷するほど熱々。豚骨系が強くでていて、魚介の旨みは感じられない。たっぷりの小ネギが味をさっぱりとさせる。
 麺は中細のストレート、つるっとした食感でさっぱり食べられる。

 思うに、このお店は男性客のリピーターによって成り立っているが、個人的には旨みが足りないので物足りなく感じる。なぜ男性客かというと、いわゆる動物系のイノシン酸に旨みを感じるのは、女性より男性の方が強いからだろう。確かに懐かしい「中華そば」の一つの原型なのだろう。
関連記事

2012.01.26 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/621-c8fa348b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。