上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 おぎのやの駅そば(天玉そば)
 友人の結婚式で軽井沢へ。
 高崎までJRで二時間、ところが高崎から軽井沢までの鉄道がない。一駅のために新幹線に乗るのだが、その一区間が3000円くらいするので納得がいかない。ぶつくさ文句を言いながら乗ると、峠を越えて軽井沢に着くと雪国だった。

 それくらい峠が高い土地だからだろう、待ち時間の食事として立ち食いそばが始まった、と「おぎのや」の駅そばの入り口に書いてある。事の真偽は置いておくとして、一応食べておかないといけないだろうと、結婚式の帰りがけに立ち寄り天玉そば(500円)をいただく。
 そばはつるっとした袋麺、スープは関東風よりだしの効いており、天ぷらは置き揚げのふにゃっとしたもの。特筆すべきものはなにもない。一応食べた、という感慨だけ残して軽井沢駅を去った。
 なお、帰りがけは上野まで新幹線を使った。軽井沢に行くときには、新幹線一本で行った方が良い、ということだけ学んだ。
 おぎのやの外観

 軽井沢駅外観
関連記事

2012.03.10 | standing soba(立ち食いそば) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/635-ae871692

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。