上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 どうもラーメンブログの色合いが濃くなってきたので、軌道修正。
 普通に行こうとすると必ず迷う、船岡竹林公園の場所はこちら。そもそも船岡なんて行く用事なんてない。初めて訪れたのも、用瀬からの山道を迷ったときだ。もはや隠れ里に近い趣すらある。

 そこに、夢竹という食堂がある。だが、あんまり夢のような場所ではない。
 行ったときには午後一時ごろだったが、「準備中」という札をひっくり返して、店の中に入れてくれるパフォーマンスまであった。

 ここで、選べるメニューは二つだ。
 「竹ちゃんうどん」(500円)か、「竹ちゃんうどんセット」(700円)。
 とりあえず、「竹ちゃんうどんセット」を注文。
 厨房では地元のおばちゃんが、なにか言い合いをしている。
 
 味は…案外美味い。うどんは鳥取では珍しい細めん(若干のびているが)、ダシは普通の化学調味料なのだが、山菜の天ぷら、たけのこご飯ともに美味。夢のような味ではないけれど、700円とこの環境を考えればいい昼食だ。
 前もって連絡すれば、夢竹弁当(1,800円)というのもある。頼んでみたい気もする。

 そもそもこの施設がどういったいきさつで出来たのか、全く意味不明だが、イメージキャラクター「チクリン」も含め、ユルさ爆発の公共施設である。
 裏には世界各国の竹が集められた竹林もあるので、食後にはぜひ歩きたいものである。
 道に迷ったら、そこに夢竹があるかもしれない。

  竹ちゃんうどんセット(700円) 天ぷら
関連記事

2006.07.25 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/7-5ecc3b8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。