上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ちょっとしたお祝いで梅乃井へ。
 普段行くことはないが、鳥取でうなぎといえば梅乃井であろう。ちょっと前までは新瀧清というお店があったけれど、いまやカフェになってしまった。ちなみに、弥生町近辺にはいわしや文助というシブいお店もあるが未だ行けずにいる。

 梅乃井では、うなぎと言いながら懐石風に様々な料理が出てくる。そして、うなぎの食べ方もかば焼きとどんぶりとが選ぶことができ、前者は流れの中でかば焼きと締めに雑炊、後者は締めにどんぶりがいただける。
 料理一覧 秋の味覚 きのこと海ぶどうのあえもの 刺し身

 前菜はこんな感じ。
 涼感と、秋を感じさせるお皿が並ぶ。左下の、きのこと海ぶどうの和え物は食感が楽しい。刺し身にはここでもはたはたの炙り。どこから箸をつけたらいいか迷う贅沢。
 グラタン 鳥取和牛の陶板焼き

 前菜を食べ終えると、ちょっと流れを変えて温かいものが供される。
 グラタンにはリゾット風にお米が入っており、さっぱりとしたクリームソースと酸味の抜けた梅との相性が良い。また和牛は鳥取のものだろうけれど、香りもよくポン酢でさっぱりと食べられる。
 冷たい茶碗蒸し どぎの天麩羅

 茶碗蒸しにも一工夫。冷たい茶碗蒸しの上にそぼろ餡、そして焼き茄子が添えられている。天麩羅はどぎの天麩羅。とろっとした身が口の中でほぐれる珍しい食感。どぎは深海魚で、あんまり一般的な家庭の食卓には上らないと思うが、こうやって出されると意表を突かれる。
 うなぎどんぶり うなぎアップ

 そしていよいよ、うなぎ。
 少なめのご飯と、それが隠れるくらい大きなうなぎはほろりとこぼれる。吸い物は肝吸いで、うなぎを看板に掲げるお店に違わない一連の料理に微笑んでしまう。

 お昼でも夜でも、3,000円くらいからコースがあります。
 ちょっとした贅沢や、おもてなしに、梅の井で昼食を。

 
 詳しいお店の情報
 名称:梅乃井
 住所:鳥取市元魚町1丁目215
 電話:0857-22-5383
 営業時間:〔昼〕11:30~1:30、〔夜〕17:30~20:30
 休み:日曜日
関連記事

2007.10.06 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(2) |

私ここ大好きです。
鰻が好きな事も有りますが、リーズナブルな所も好きですね。
少し前は味が落ちていた時も有りましたが、最近は戻った感じです。
イチオシは、お昼のお弁当だ~。

2007.10.10 19:16 URL | ホットエアー #URdY9L02 [ 編集 ]

私もすごい好きで、事ある毎に行っています。やっぱりうなぎ食べたいですよね。
昼に松花堂弁当をしているらしいですが、未だ食べたことないです。今度お昼に狙ってみます。

2007.10.10 21:53 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/73-27cd53b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。