上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ガイナーレ250503
 連休もまっただ中の5月3日、6千人集まったスタジアムでガイナーレ鳥取のホームゲーム、勝つべき条件が揃ったスタジアムで終了間際に失点して0-1の敗戦。
 「あー」という溜息だけが響くスタジアム、足早に立ち去る観客、鳥取の夕暮れ。
 詳細は追記にて。
 ガイナーレのときに持って行った弁当
 この日は弁当を持って行った。時計回りにアスパラの酢の物ととうふちくわとあごちくわ、はたはたの干物、筑前煮、豚肉の辛み炒め、だし巻き卵、鯖のすき焼き。

 余談はともかく、試合は終始ガイナーレペース、いつもどおり4バックと2ボランチで固める最終ラインは堅固で、その前の創造性に欠けるもののピンチよりチャンスのほうが多い。特に13番の身体の強さが目立ち、彼がいなかったときの攻撃力が半減していたことを思い出す。2回ほど惜しいシーンのあった前半から、後半には26番を入れて攻撃力を強化。チャンスはあるもののクロスバーをたたくなど点数は入らない。
 このまま引き分けが妥当かと思いきや、ワンチャンスをモノにされて終了10分前ほどに失点。会場に響く溜息。そこから攻めに転じるほどの時間もなく、あっさり0-1の敗戦。

 お弁当を片付け、足早にスタジアムを去る我が家。次に期待。
関連記事

2013.05.03 | gainare(ガイナーレ鳥取) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/749-eb53df66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。