上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 天の真名井2
 米子に行ったついでに水を汲む。
 この日寄ったのは古事記にも登場する「天の真名井(あめのまない)」。本宮の泉と並び、一般的によく知られている鳥取の名水である。湧水十色さんのページはこのあたり。古事記に書かれている箇所は以下のとおり(現代語訳)。 

天照大神と須佐之男命は天の安の河の両岸に立ち、誓約を行うことにした。まず、天照大神が須佐之男命の十拳剣を受け取り、三つに折り、天の真名井にて漱ぐと、噛み砕いた。その吹き出す息から誕生した神々の名は
多紀理毘売命=たきりびめのみこと
市寸島比売命=いちきしまひめのみこと
多岐都比売命=たきつひめのみこと
の、合わせて三柱の女神である。

 神話の舞台がこの米子市淀江町かどうかはさておき、神聖な井戸の名前を冠した「天の真名井」は環境省の指定する「名水百選」に指定されている。
 天の真名井1 天の真名井周辺 天の真名井周辺2 天の真名井解説

 清冽な冷たさを湛える湧水は、すっきりしており飲みやすい水。少し甘みも感じたが、それは口が渇いていたからかもしれない。
 駐車場のあたりにも蛇口があるが、できれば源泉の近くで汲んだほうが雰囲気が出る。場所柄、天の真名井~本宮の泉という湧水飲み比べをおすすめしたい。場所はこのあたり
関連記事

2007.10.07 | water(水) | トラックバック(0) | コメント(2) |

今回も素敵な場所に行かれたんですね^^
鳥取は奥が深いですね~
勉強になります。

予断なのですが名水百選とは百以上
あるって事知りませんでした(汗)

2007.10.15 22:36 URL | 伊奈場 弥勒☆ #- [ 編集 ]

伊奈場さんこんにちは。
鳥取はどこにいっても水が美味しいので、有名どころですくって飲んでみてください。
水が美味いってことは、お酒が美味いってことなんですよね。
飲み比べてみてもらえると、違いを理解してもらえるかもしれません。。

2007.10.17 18:38 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/75-7a73e6ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。