上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 サンリオのモーニング
 鳥取駅前、いなばのお袋市で賑わうサンロード内とは対照的に、ひっそりと佇む喫茶店「サンリオ」。
 モーニング研究家として、未踏の山を登るような気持ちで階段をあがり、店の扉を開く。

 出てきたモーニング(350円)は至ってシンプルなもの、厚切りのトーストと完熟のゆで卵、ごまのドレッシングのかかったキャベツの千切りとコーヒー。特筆すべきはトーストで、どこのトーストより分厚い。

 店内はなにやらごちゃごちゃしていて、花瓶やら雑誌やら荷物やらが無造作に置いてある。お客さんが来る気配はないが、下から出石そばの女将さんが上がってきてなにやら話をしている。
 どういったお客さんが来るのかよくわからないが、ひょっとしたら下のお店とつながりがあるのかもしれない、書体だけが格好いい「サンリオ」の文字、謎は深まるばかりである。 
 サンリオメニュー

 サンリオの入り口
関連記事

2013.06.23 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/761-baa46159

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。