上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ガイナーレ対カターレ富山250811
 鳥取に帰ってきて、早速ガイナーレ鳥取の応援。
 結論から言えば、2-3であっさり負けたのだが、前線に怪我人が続出して、まとまなフォーメーションが組めなかったのが敗因だろう。特に13番の欠場は厳しく、前線にボールが落ち着かない3トップは効果がなく、急造の3バックは3失点して当然だった。
 この試合のあと、小村監督が解任されて、後任に前田強化部長が就任するアナウンスがあった。
 この日の収穫は、漫画『ジャイアント・キリング』に出てくるパッカくんの写真を撮れたこと。握手を求めたら、手をはねのけられて、女の子に抱きついていくキャラ設定まで完璧だった。
 パッカくんの写真
 この日のフォーメーションを背番号で表すと、以下のようになる。

     20

  26    22


 32 15 10 18


  6  28  3


     46


 フォーメーションで言えば3-4-3ということになるのだが、18番が下がってきて4バックにスライドする。
 この日の問題は、20番にボールが収まらなかったことと、急造の3バックと2ボランチの関係がよくないことに由来するのだが、32番の活躍は素晴らしく、途中交代した11番の2得点はこの日の数少ない見どころだった。

 小村監督の失敗は、この試合の敗戦というよりも、6月の下位チームへの取りこぼしに対する罰のようなものだと理解しているが、昨年度に負け続けた監督を雇い続けた実績を考えても、少し早いような気がした。
関連記事

2013.08.11 | gainare(ガイナーレ鳥取) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/769-c240a3d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。