上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 彩龍一番のラーメン
 昨日は仕事で米子へ。
 ちょっと足を伸ばして、最近できたらしい夜見町の彩龍一番へ。
 調べてみると、山口にある彩龍で修行したご主人のお店らしいが、看板は久留米ラーメンのようだ。

 お店は境港に向かう431号線からまるごうに入ったところにある。頼んだのはらぁめん(580円)で、豚骨ラーメンらしい白濁したスープ。とても濃厚で臭みのない甘みのあるスープに細麺が絡み、やはり少し甘みのあるチャーシューと半熟玉子とネギといった構成。
 久留米ラーメンに詳しいわけではないが、この甘さをどう捉えるかは好みのわかれるところで、個人的にはそこまで気にならなかったが、ひょっとしたら苦手なひともいるかもしれない。
関連記事

2013.09.23 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(2) |

先日はお疲れ様でした。
あの後、中富にTELしたのですが留守電だったので断念しまた。またの機会にしたいと思います。

こちらの醤油ダレはなにもしていない醤油をストレートにタレとして使っています。甘味は醤油そのものの甘さです。テーブルの醤油を舐めてみていただければわかると思います(^^
使われている醤油は山口のものですが、九州の醤油も同じように甘いです。九州で豚骨もですが非豚骨の醤油ラーメンを頂くと甘さが良くわかります。そうそう先日福岡の居酒屋で頂いた魚の煮付けはめちゃ甘かったです。同行者は苦手とおっしゃていました。。

2013.09.23 19:20 URL | menariki #65fpICiI [ 編集 ]

menaukiさん、先日はありがとうございました。
まさか仕事でご一緒できる日が来るとは、おもっていませんでした(笑)

あの甘さは醤油のものなんですね。わざわざ糖分を入れるとも思えないので、納得しました。
鳥取も混ざりものの醤油を普通に使っていますが、特に甘さに関しては賛否ありますね。

2013.09.24 02:54 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/781-064be607

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。