上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ローマのウミドリ
 年末年始にかけてイタリア旅行に行く。
 連れ合いの希望に従い、ローマ~フィレンツェ~ヴェネツィアの10日間だったが、なかなかに貴重な体験をした。
 帰ってから、いろんなひとに「イタリアは良いよね」という話を伺ったのだが、人それぞれのイタリアがあるようだ。そんなふうに、私にとってのイタリア彷徨、まずはローマから。
 簡単に言えば、ローマは遺跡と彫刻の街だ。
 歩けば遺跡があり、美術館や町中には大量の彫刻があり、多国籍文化で行商もいればスリもいる。

 コロッセオやフォロ・ロマーノといった観光名所を巡り、巨大な遺跡と向き合うとき、過去の都市ローマの繁栄を思い、どこか儚さを憶える。二千年前の文明とは到底思えない高度な石の文化で、根底にあるギリシア文明に思いを馳せる。
 彫刻はこれまでほとんど興味がなかったが、ギリシア神話の神々からローマ帝国の統治者まで、彫像のある種の完成形をみることができる。
 ポンペイやクラウディウス水道、アッピア街道まで足を伸ばして、ローマ文明を心ゆくまで体感した。
 『ローマ人の物語』全43巻を読んできた甲斐があったというもの。
ローマのコロッセオ
 観光名所コロッセオ。改修中だった。
ローマのフォロロマーノ
 古代ローマの拠点、フォロ・ロマーノ。残っていれば素晴らしい神殿群だったのだろうが、蛮族の侵攻などで見る影もない。
ローマの彫刻
 最も美しいと思ったローマ彫刻、ヴァチカン美術館の女神ヘラ。
ローマのコロッセオ
 観光名所パンテオンの天井は、丸く空いていて空が見えた。
ポンペイの遺跡
 噴火から出土した都市ポンペイ。都市の作りや道路がそのまま残っている。
ローマのクラウディウス水道
 郊外に今も残るクラウディウス水道。巨大で感動する。
関連記事

2014.01.29 | travel(旅行記) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/798-40d02621

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。