上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 IMG_8786_R.jpg
 忙しい時期が来て、米子に出張しているときに眼を痛める。
 かれこれ10年くらいコンタクトをして生活してきたが、こんな形でのトラブルは初めてで、目が開けられない激痛のため眼科にタクシーで寄ってもらい、眼医者に診てもらう。
 原因は、コンタクトの違和感から眼を直接触ってしまったことで、表面の膜が傷ついたらしく、塗り薬と痛み止めを処方される。それでも目が開けられないくらい痛む、鳥取に帰ってからもタクシーを乗り継ぎ、何とか帰ることができた。
 (写真は鳥取に帰ってから行った眼科のもの)

 そんな状態のまま、一週間は午前様の仕事が続き、さらに目を痛めた。
 健康状態に気をつけていても、何が起きるかわからない。
 目がおかしくなると、生活のほとんどが取り戻せなくなることを、今回の経験は教えてくれる。
関連記事

2014.02.03 | daily(日々雑記) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/802-99f24797

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。