上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ペンションのモーニングセット
 田園町に昔からある「ペンション」という喫茶店をご存じだろうか。
 日本海テレビと眼鏡屋とスイミングスクールの間、三角州のようなところに昔からなんとなくある喫茶店、普段なら見過ごしてしまう当たり前の情景の中に溶け込んでいる「ペンション」の文字。入ったこともなければ、モーニングがなければ興味の対象にもならないこのお店の扉を開く。

 入ってみると至って普通の喫茶店の設えで、古典的な革張りシートのソファと洋テーブルが4セット、カウンターに椅子が6席ほど。お客さんはカウンターに常連さんと思しき女性がひとり、カウンターの中からおかみさんが「いらっしゃいませ」と一言。
 黙って奥の洋テーブルに座り、「何にしましょう」というおかみさんの問いかけに「モーニングをホットコーヒーで」とぼそり。しばらくして出てきたモーニングセット(500円)は写真のようなものだった。
 普通のトーストにキャベツのサラダ、半熟の目玉焼きとコーヒーはアメリカン。
 さほど驚きもなく、ただもぐもぐと食べていると、常連さんとの近所話に花が咲いている。何十年も変わらない風景のなかに身を置いてみると、なんだか自分が異物のような気がして、宇宙の果てに来たような気持ちになる。

 時間の終わりを感じる朝、永遠のモーニング、500円払って帰る、ご馳走さま。 ペンションの外観

関連記事

2014.02.23 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/805-cebf09fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。