上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 天狗の焼き鳥
 この日は弥生町を彷徨。
 以前から話ばかり聞いていた焼き鳥の「天狗」の暖簾をくぐる。

 店内にはメニュー表がなく、部位を書いた木板が掛けられている。「せせり」とか「れば」とか「はつ」いったもので、「もも」とか「ねぎま」のようなわかりやすいものはない。日本酒も何種類か置いてあり、「天狗舞」や「久保田」の他にも、「鷹勇」や「日置桜」のような地酒も置いてある。

 最初にキャベツが供されて、福井の黒龍とレバーから飲み始める。
 焼き鳥は美味しく、日本酒も選んであることがわかるのけれど、値段が書いていないことと日本酒が高級すぎるのが難点。日置桜のしずくや久保田の千寿など、とても日常酒ではないので、常連さんに支えられているお店だろう。
 焼き鳥を5~6本と日本酒を2杯飲んで三千円くらいだったので、妥当な値段だと思うが。
 天狗の外観
関連記事

2014.03.11 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/811-1f2dd79c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。