上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 淳の設え
 この日は仕事関係のひとと一席。
 初めてのお店「日本料理淳」を予約し、席についてこの日の会食を考える。
 お盆と花押の押された和紙、箸置きに塗り箸の設えは期待させるばかりで、日本酒の順番を考えながら料理を想像する愉しさ。料理の詳細は追記にて。
 淳の日本酒のラインナップ
 日本酒の品揃えはメニューのとおり。
 鍋島が切れていたので王禄の原酒から冷やで、そのあとに日置桜の先祖返り強力を熱燗で飲んだ。
淳の先付け
 先付けはうにを乗せた生湯葉。
淳の椀物
 椀物は胡麻豆腐の吸い物。
淳の刺身
 刺身は鯛とバイ貝。鯛皮が渋い。
淳の八寸
 八寸は春の装い。山椒が香る寿司が印象に残る。
淳の強肴
 メインは鳥取和牛。
淳のご飯
 最後はご飯と赤だしの味噌汁、お漬物で締める。
 デザートも美味しかったが撮り忘れた。
 これだけの会席料理で、3900円のコースなので、満足度はとても高い。
 大勢で行くお店ではないが、記念日などに良いかもしれない。
 ご馳走さまでした。
関連記事

2014.03.18 | gourmet(食べ歩き) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/812-a255f31e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。