上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ウォーカーヒルのソルロンタン塩ラーメン
 この日は仕事で出張。
 ずっと気になっていた「ウォーカーヒル」に訪問してお昼ご飯を食べる。
 メニューにはキムチチゲ定食とか韓国冷麺などもあるが、ソルロンタン塩ラーメンを注文。ご飯とキムチをセットにして900円。

 ソルロンタンがどんなものなのかよくわからないが、あっさりした白濁スープで旨みがある。
 なんでも牛骨などを煮込んだ韓国の伝統料理らしいが、それに塩で味付けして細めの麺と合わせている。
 珍しいと思うけれど、わかりやすく美味しいというものでもなく、滋味のある味わいがある。
 付け合わせのキムチが辛くて本格的な韓国料理のお店とわかる、他の料理も辛くて良さそう。ご馳走さまでした。
関連記事

2014.07.04 | lahmen(ラーメンとつけめん) | トラックバック(0) | コメント(5) |

この道(?)の大家がソルロンタンを食べたことがない!?ホ本当ですか?ソルロンタン、といえば日本人がソウルへ行って食べる3大韓国料理のうちの1つ。というか、韓国料理入門編ベスト3の品。ロイヤルホテル前にある神仙(シンソン)ソルロンタン明洞店が有名で、人気ドラマ「華麗なる遺産」のモデルにもなっているのですがね。ウォーカーヒルは、韓国料理店としては立地といい、店名といいチョット変わっていますが、評判も良さそうなので今度行きたいと思っているところです。

2014.07.18 08:16 URL | 大学路小劇場 #- [ 編集 ]

大学路小劇場さん、お恥ずかしながらソルロンタンを食べるのは初めてでした。
サムゲタンとかダッカルビなどは食べたのですが、韓国料理に馴染みがないのでしょう。
お店は確かに変わっていますが、味は本格的な韓国の味のようでした。夏に汗をかくには良いお店かもしれません、ぜひ一度。

2014.07.19 08:02 URL | k-hz #- [ 編集 ]

韓国語(ハングル)をカナで表記する際に、日本人を一番悩ませるのが、表頭の文字に濁点を付けるかどうかです。一般原則としては、表頭の文字は濁らないということになってはいますが、例えばプロゴルファーの全美貞はヂョンミジョンと書かれていますね。これはそう聞こえるからだと思うのですが、全の「チ」は語学的には平音なので、チョンミジョンと書いても言い訳です。ところがこれが激音の場合、決して濁ることはないので表記に齟齬が生じることはありません。タック(鶏)の場合がそれで、あの料理は誰が書いても、日本語的にはタッカルビなのです。

2014.07.19 08:34 URL | 大学路小劇場 #- [ 編集 ]

どうでもいいコメントですいません。全をヂョンと表記するのはそう聞こえるからと書きましたが、もっと大きな理由は英語表記がJeongとなっているからだと思います。もっとも釜山(プサン)は英語表記ではBusanだけれども誰もブサンとは書かないのでまあ何とも言えませんが・・・

2014.07.19 12:28 URL | 大学路小劇場 #- [ 編集 ]

大学路小劇場さん、ダッカルビというのがひっかかったのですね。タッカルビとこれから言うことにいたしましょう。
韓国文化はほとんど理解しておらず、ハングルも習得していないので、こういったことになるのでしょう。
韓国の方が日本語をしゃべるときにも、濁点の判別が難しいようですね。
ちょっと勉強しておきます。ご指摘ありがとうございます。。

2014.07.21 10:00 URL | k-hz #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/868-0952348d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。