上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 リアンのパンセット
 この日、ガイナーレはチュスタに長野パルセイロを迎えての一戦。
 勝てばまだ昇格のチャンスがわずかに残る試合で1-1のドロー。
 買っていったリアンのパンのセットはとても美味しかったが、来年米子まで来るかどうか、考えさせられる一戦。
 大事な試合で勝てない悪癖は、J3でも健在だった。
 詳細は追記にて。
  ガイナーレ鳥取対ブラウスリッツ秋田1012
 この日、仮にガイナーレが勝てば勝ち点差4で希望があったが、ドローの結果で残り5試合で2位との勝ち点差7。
 勝つと分けるとでは大きな差があったが、結局ドローだった結果だけ見ればこの4シーズンほど変わりのない残念な試合だった。試合後に会場から漏れた溜息が、失望感を表していた。これで昇格の望みはなくなり、来年もこのチームはJ3で、このチュスタでやっていくことになるのだろう。

 前節と変わったのは、センターバックに24番を入れたくらい。

        38

  8     10     14

     21    20

 13  24    4   22

        48 

 相変わらず13番をサイドバックで使う不可解な采配だが、前半はいい勝負だった。特に8番のところにボールが収まって前向きなボールキープができていた。前半ロスタイム、こぼれ球をハマゾッチが押し込んで先制。チュスタも大いに盛り上がる。

 後半も、開始早々に2本ほど決定機を迎えるも決めきれず。これが後々響くことになる。10番と38番のツートップのような並びで、38番はポストプレーは強いが足下に弱い。次第にボールロストし始めたが、何とかこらえていた後半終了間際、13番が相手の7番をペナルティエリア内でタックルしてPK。
 これを相手の10番に決められ、そのまま試合終了。

 試合の結果は時の運とはいえ、毎年毎年こんな試合を見せられたのでは流石に気が滅入る。
 これでチュスタでの勝敗は1勝2分2敗。この日見に来た観客3470人も離れていくばかりだろう。
関連記事

2014.10.26 | gainare(ガイナーレ鳥取) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/919-0511e15b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。