上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 なにやら仕事が忙しくなったような気がして、そわそわしているうちに12月。
 すっかりブログの更新も途絶え、荒んだ生活を送っていたのだが、モーニングの探求だけは忘れていなかった。朝起きると今日どこに行くか考え、夜になると明日どこに行くか考えた。だが、結局行くまでに何か食べてしまったり、朝起きれなかったり、二日酔いだったりして、一向に研究は進まなかった。

 そしてこの日、意を決して行こうと決めたのが寺町にある「」という喫茶店。本当にベタな喫茶店である。絶対地元の人しか行きそうにない、絶好のサンプル発見である。自転車を止めて、さぁ張り切ってモーニングを…と思った矢先、向かいの喫茶店「わたせ」が目に入った。おお、わたせってやってたのか(失礼)。

 わたせと言えば、地元画家のわたせのぶあきさんゆかりのお店。原色のシンプルで力強い作風の画家だが、その名を冠したお店のモーニング。気になるではないか。
 わたせ
 お店に入るとカウンターとソファしかない。カウンターに座ると「いらっしゃい」と女主人。これは近い。余計なことはできない。ぼそぼそと「モーニングは…」と言ってみたが、「うちはモーニングやってないの」と残念そうに言われる。じゃあコーヒーで、と言ったところ、「お腹空いてるの?だったらパン焼いてあげる」とメニューにないモーニングサービスを付けてもらう。

 店の中はわたせさんの作品やチラシが飾ってある。カウンターには常連さんと思しき方が世間話をしている。後ろのソファにも一人、常連さんがやってきた。モーニングを求めてではなく、コミュニティの構成員として社会にコミットするために。そして、明らかに場違いな自分は、迷子の中学生のようにパンを齧っている。
 あんまりお腹は空いていなかったけれど、マーガリンたっぷりの普通の食パンは意外に美味しかった。人の情けが身にしみたのかもしれない。

 文化人っぽく気取るつもりはないけれど、こんな店があるのもいいですね。コーヒーとおしゃべり、それだけで十分なのかもしれないな。コーヒー430円。
関連記事

2007.12.08 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/96-4dc4a1bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。