上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ガイナーレ鳥取対福島FCユナイテッド270426
 ガイナーレ鳥取はJ3に降格して2シーズン目、メンバーも大幅に入れ替わってJ3を戦い、この日既に7節で4位。
 ブログをたどってみると、2008年(タイのヴィタヤ監督がハメドとアドゥールを連れてきてJFL5位に終わったシーズンだ)から応援していた記録があるので、それなりに長いこと見ているが、今年はシーズンチケットも買わなかったし、開幕戦も見に行かなかった。

 この日、マッチデープログラムに一枚の白い紙が挟んであり、今シーズンJ2を目指さないことのお詫びが綴られていた。
 そのうち、このチームが見られなくなるかもしれないな、と思いながら、春の日差しの中、新しい選手をチェックしていた。
 試合の詳細と、チームに関する思いは追記にて。

 新シーズンが始まって既に7節だが、この日初めて見る選手も数多くいた。
 システムは3-6-1あるいは3-5-2で、昨シーズンの4-5-1とは少し変わっている。システム的には以下の図を参照のこと。

 3番の川鍋を中心とした3バックに、攻撃力のある13番馬渡と17番安藤がサイドハーフ的に上下動する。ディフェンスの時には、3バックの誰かがチャレンジに行き、13番と17番はディフェンスラインに入ることになる。ボランチは去年からいた20番柿木、18番中山をワントップぎみに、25番と14番と6番が顔を出す。

 この日、ドリブルの良い17番も13番もイマイチで、どちらのチームも足下の技術が不確かなのでボールが落ち着かない。そういえば昔のJFLがJ3だったな、と思っているうちに、14番がミドルシュートを決めてガイナーレ先制。前半が終わる前に、3番が後ろからタックルしてPKを相手チームに献上、これを1番が止めて前半終了。
 後半は子どもと一緒だったので帰ったのだが、後半ロスタイムに2点取られて逆転負けだったらしい。 
 
<4月26日のフォーメーション>

        18

   6    14    25

 13     20      17

   28    3   21

         1


 この日、快晴の日曜日のお昼にも関わらず、入場者は1511人。7年前のJFL時代と同じかそれより少ない。
 ガイナーレ鳥取の今後については、暗い話題ばかりで、存続自体怪しくなってきたが、サポーターは相変わらず温かい声援を送り続けている。スタジアムグルメも少なくなってきて、スタジアム周辺も淋しくなっている、どうせ来年もJ3なのだから開き直って、この下がり目のチームを応援していこうと思う。
 (ただ、塚野社長は辞めるべきだろう。)
関連記事

2015.04.28 | gainare(ガイナーレ鳥取) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/972-12fce842

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。