上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 アマンドのサンドイッチモーニングセット
 普段から通りがかっているのに、気づかない喫茶店というのが鳥取市内にはいくつも存在する。その典型が、この日訪れた「アマンド」であろう。
 旧サンヨー、現ジャパンディスプレイの工場近くにあり、ひっそりと長屋の一角を占めているので、いつからあったのかも定かではないが、近くにあるフェニックスと同様にサンヨー職員の台所として定着してきたのだろう。

 「モーニングセットをコーヒーで」と常連ぶって注文したところ、モーニングのメニューがトースト、サンドイッチ、バター、ジャムと4種類あるという。ではサンドイッチで、と頼んだセットは上の写真のようなもの、ワンプレートに年季を感じる。
 ハムとレタスのあっさりとしたサンドイッチにサラダ、絶妙に半熟のゆで卵とコーヒーのセット。モーニングセットはどれも450円なので、サンドイッチはお得感があるが、サンドイッチとサラダの中身が同じなのはご愛敬。

 店内は外観から想像できないくらい広々としていて、中年や高齢の男性が一様にスポーツ新聞を読みながらトーストをかじっている。テーブルには昔のビデオゲーム台が使われていて、向こうのボックス席では中年男性3人組が競馬やらパチンコやらの話に興じている。平日の朝だというのに席も半分ほど埋まっていて、モーニングの人気店にみられる傾向を全てクリアしている。店主は年配の女性だが、若い女性が手伝っていて、そういったところも人気の秘密かもしれない。

 なかなかに興味深いモーニングセット、ご馳走さまでした。メニューなどはチョコバットさんのブログから、既にトルコライスを食べていらっしゃるところがすごい。モーニング繁盛店の鉄則は追記にて再掲。 
 アマンド外観

 以前の記事で掲載したが、モーニング繁盛店の鉄則を再掲しておく。 
 
<モーニング繁盛店の鉄則 鳥取版>

 (1)シンプルかつ安価なメニューであること(概ね500円以下)
 (2)ある程度の広さのあり、10年以上長続きしていること
 (3)種類を問わず漫画やスポーツ新聞の類が豊富であること
 (参考)店主が女性か、もしくは女性の従業員がいること       

 (とモ研調べ、2009年策定、2015年改訂)
関連記事

2015.05.15 | とモ研(とっとりモーニング研究会) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/979-91acbbc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。