上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ガイナーレ鳥取対AC長野パルセイロ270524
 ガイナーレ鳥取は、この日J3の上位を争うAC長野パルセイロと対戦。
 結果だけ見れば、0-1の敗戦、前節時点でJ3の3位だったものが5位に後退して優勝争いから大きく離れた格好になったのだが、1530人の観客は敗戦でも相変わらずスタジアムに足を運ぶのだろうか。
 監督は打つべき手を打ち、戦術的に見れば効果なく負けた。
 試合の分析は追記にて。


 この日のフォーメーションは若干変則的な4-4-2で、守備のときには13番の安藤が最終ラインに吸収され11番が下がってくる5-4-1のようでもある。相手が3-4-3という攻撃的なフォーメーションなので、それに対応するための措置であるのだろう。
 相手のワントップである13番にボールが収まり、前半は長野ペース。
 攻撃を組み立てて前線に運んだときにはチャンスになるのだが、22番のスキルが低いのでボールキープできない。去年の8番倉貫くらいの選手がいれば展開は変わっていたと思うが、13番も精彩を欠きボールロストを繰り返し、攻撃の機会は数えるほどだった。
 それに対して、長野は相変わらず3-4-3のシステムを固持しており、なかなか気持ちの良いチーム。7番が嫌らしい動きでタメを作り、20番が骨惜しみしないランニングを繰り返す。前半は0-0で終了。

 後半開始早々、子どもと一緒にスタジアムグルメなど見ている間にコーナーキックから失点。
 そこから挽回しようと、15番や17番を入れ、決定的なシュートもあったが結局得点できず0-1のまま終了。可能なら、もう少し早く17番を入れて13番を上げ、ウイング的に勝負を賭けても良かったと思うのだが、このチームはそんなことをしない。
 昇格や優勝争いをしているのなら、もっとがんばれと思ったのかもしれないが、何もかかっていないので、終了とともに客席を立つ観客ばかり。負けても何とも思わなくなったのは、良いことなのか悪いことなのか。

<5月24日のフォーメーション>

     11    18

      6    14   

 13     22   

  21  16  3  28

         1

関連記事

2015.05.26 | gainare(ガイナーレ鳥取) | トラックバック(0) | コメント(1) |

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.05.29 15:05  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/982-e832b1f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。