上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 鳥取の虹

 冬の山陰地方はいつものように曇っていて、雨が降ったりやんだりするのだが、ときおりご褒美のようにがでることがある。この冬で3回は見たので、おおよそのポイントをまとめると、次のようになる。

 (1)雨の小止みになった晴れ間の時間
 (2)おおよそ太陽と逆の方向(北の方角ではなかろうか)
 (3)主に夕方(これは普遍的ではないかも)


 見つけたときには子どものように嬉しくなって、車を止めて写真を撮る。
 虹の命は儚くて、晴れ間が暗くなっていくと次第に薄くなっていき、仕舞いには元通りの曇天になってしまうのだが、夏の花火、冬の虹といった風情でひと時の光のいたずらに心を奪われる。
 今日はいいことあるかな。
 鳥取の虹2
関連記事

2007.12.15 | daily(日々雑記) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/99-d0151890

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。