上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 第15回尾崎翠フォーラムの写真
 ちょっとしたご縁で、今年で15回目を迎えた「尾崎翠フォーラム」のお手伝い。
 尾崎翠は、岩美町出身の女流作家で、上京した10年間ほどで書いた小説が今も評価されているのだが、30半ばで鳥取に帰ってきてから作品は残しておらず、謎の多い作家でもある。

 今回、日本大学芸術学部の山下教授から「尾崎翠と宮沢賢治」に関する講演があり、「共感覚」という新しい切り口で時代を超える二人の作家の共通点を探った。また、尾崎翠の映画を撮った浜野監督から、海外の映画祭での反応などに関する講演、尾崎翠の墓所である養源寺の山名住職から、叔母であった尾崎翠の面影を偲ばせる講演があった。

 こういった文化的なフォーラムが15回も続いているのは素晴らしいことだが、偶さかお手伝いできたのを少し嬉しく思った。スタッフの皆様、お疲れさまでした。
関連記事

2015.07.28 | read_a_book(読書) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/991-226466d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。