上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 nicoの設え
 ちょっとした会合のあと、ゆっくり日本酒を飲むことを考えたとき、そういえばNICOがあるなと思い出した。
 このお店のご主人は東京でお店をされているときからの付き合いがあり、こちらに帰ってきて日置桜の蔵人をされていると聞いていた。荻窪にあった砂丘屋というお店から、こちらに帰ってきてNICOというお店を任されているという。

 カウンター越しに、荻窪から鳥取へ。
 荻窪にいたときと同じように色々と話をして、日置桜の生酛玉栄H24BYは美味しかったとか、鳥取ではなかなかお酒が売れないとか、平日は人が来ないとか、ご主人の愚痴を聞ける愉しさも久方ぶりで、燗酒を飲みながら時間の流れを感じていた。「こうやって話していると、なんだか東京にいるときみたいですね。」そんなふうにご主人に言われると、なんだかこそばゆい感じがして、どこにいてもやることは同じだなと思う。

 そうそう、この日食べたカワハギの刺身は美味しかった。
 近いうちにまた行こうと思う。
関連記事

2015.08.30 | sake(日本酒) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://roamingtottori.blog119.fc2.com/tb.php/992-8499c7d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。