上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 鍛冶屋温泉の中の風景
 久々に29号線を車で走る。
 郡家の直売所に立ち寄って、八頭ふれあい市を横目に29号線を直進、若桜まで行こうかと思っていた途上、八東あたりで「→鍛冶屋温泉1.2キロ」と看板にある。鍛冶屋温泉?聞いたことがないので迷わず右に曲がる。
 29号線から中の道に入ると、山のほうに向けて矢印が出ている。山の中に向かってすぐ、厚生施設と思しき八頭地域福祉センターの中に「鍛冶屋温泉」はある。

 多分社会福祉協議会か何かが厚生施設として新しく作った温泉なのだろう、源泉の温度は20数度、加温して循環している普通の温泉だ。山並みの眺めが良いのと、人が少ないので静かに楽しめる秘湯ではあるのだが、無理をして温泉を作らなくてもいいのにな、とも思う。 
かじや温泉の外観

2013.05.06 | spa(温泉) | トラックバック(0) | コメント(2) |

 奥津温泉東和楼
 この日はちょっと遠出して奥津温泉へ。
 どこかで立ち寄れる温泉施設を探していたものの、朝9時と早かったため立ち寄り温泉施設はまだ閉まっていて、3軒の温泉宿のうち東和楼を訪ねる。既にひさごんさんが行かれてました(すごい!)。

 800円を支払って通してもらうと、長い通路を歩き誰もいない銭湯のような着替え場所の先に、岩場に溢れる豊かな温泉がある。まさに源泉掛け流し、加水や循環といった必要もなさそう。
 泉質は単純泉ながら、源泉掛け流しの贅沢と岩場の風情があり、宿泊客は驚くかもしれないが立ち寄りには素晴らしいユニークな温泉。後で調べてみると、温泉博士の松田忠徳さんもお薦めだそうである。
 奥津温泉にお立ち寄りの際にはぜひ。

2012.04.21 | spa(温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 武蔵小山温泉清水湯
 今年はクリスマスイブもお仕事。
 仕事ばかりしていても肩が凝るので都内の温泉へ。武蔵小山に清水屋という温泉があり、ウェブでの評判も良いので立ち寄る。
 結論から言えば、この温泉は素晴らしい。重炭酸ソーダ泉という聞き慣れない泉質の真っ黒な内湯の「黒湯」と、ヨード成分が豊富な黄色い露天の「黄金湯」があり、入浴料も銭湯並の450円。サウナもジェット風呂も水風呂もあり、満足度が高い。初めて行くのであれば、コインロッカーのために100円玉(利用後返却される)を多めに持っていくと良い。
 近所にあれば間違いなく通う都内の温泉、イブの仕事もがんばれそうだ。

2011.12.24 | spa(温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 東京染井温泉sakura
 巣鴨に温泉があるという噂を以前から聞いていた。
 しかし、巣鴨近辺をぶらぶらしてもなかなかみつからない。iPhone片手に真剣に探した結果、駒込方面にあることがわかった。

 温泉の名前は東京染井温泉「sakura」。外観は料亭のようでもある。
 入り口で入館料1260円を支払い、館内へ。
 館内は内風呂のほか露天風呂、寝風呂、サウナ、別料金で岩盤浴まである。
 ここの泉質はナトリウム-塩化物強塩泉で、源泉の温度が低いためややぬるい。

 休日の昼間とあって、家族連れが多いのだが、近くにスイミングクラブがあるので、そういったつながりで立ち寄ることが多いのだと思う。巣鴨だけあって、お年寄りもそれなりに多かった。問題は入館料で、気軽に立ち寄るにはやや高いか、というところ。
 鳥取ではここの1/3の料金で温泉に入れるのだから、贅沢というほかない。

2011.04.30 | spa(温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 大江戸温泉物語
 この日は東京ビッグサイトでお仕事。
 久々に乗ったモノレールの車窓から、大江戸温泉物語が見えた。

 仕事終わりに、折角なのでモノレールからテレコムセンターで降りて大江戸温泉物語に立ち寄る。

 温泉は…鳥取のほうが断然良いのは言うまでもない、源泉掛け流しの温泉を独り占めできる幸せを、濁った湯船の中で思い出そうとしていた。
 特徴については追記から。

続きを読む

2010.11.13 | spa(温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。