上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 花祥庵のコーヒー
 智頭町に遊びに行ったところ、花祥庵という喫茶店が山のほうにあるという話を伺う。
 聞いたことがないので連れていってもらうと、かなり山深い集落にぽつねんと喫茶店があり、言われないとお店だとわからないところに、花祥庵という看板が出ており、お店の前に何台か車が停まっている。
 中に入ると静かな空間に神戸から移り住んだらしい店主がおり、にっこりと案内される。
 珈琲を頼んだところ、しばらくして良い香りがしてくる、一杯ずつ煎れているので時間がゆっくり流れていて、窓の外には智頭の段々になった棚田が見える。
 供された珈琲はすっきりとしたブレンド、「私がこの珈琲が好きだから煎れているの」という店主の言、智頭の山奥でしばらく静かな時間を過ごした。
 花祥庵の外観

2013.04.14 | cafe(喫茶) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 リッツカールトンのアフタヌーンティー
 連れ合いの希望で東京ミッドタウン45階のホテル「リッツカールトン」のラウンジでアフタヌーンティー。
 ケーキスタンドに並ぶケーキが女子の憧れのようである。

 ウェッジウッドの食器にケーキスタンドにはプチケーキとスコーン、軽い食事が並ぶ。飲み物とセットで3800円だったように思う。こちらはそこまで憧れてないので、ブレンドコーヒーを頼む。1500円。
 紅茶はサーバーにセットされ、ポットティーでサーブされる(おかわりが何度もできる)。コーヒーも、空くと注いでくれるので3杯ほどいただく。
 中心のケーキやスコーンは二人でシェアして食べ、45階からの景色を楽しみながらゆっくりした時間を過ごす。

 ピアノの生演奏など、鳥取にはない贅沢感は半端ないが、あまりにも非日常過ぎて少し笑ってしまう。所詮は森から出てきた猿なのだから、ここまで飾らなくても良いのにと思うけれど、この仮想空間に女子は憧れるのだろう。

2012.01.20 | cafe(喫茶) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 LEPainQUOTIDIENのパン
 芝公園にある「ル・パン・コティディアン(LE Pain QUOTIDIEN)」で喫茶。
 お洒落なパン屋さんで、席数の多い店内と広々とした庭園もあるのだが、ちょっと食べようと思うと千円をこえるので、ささやかに食べたパンオショコラ。
 連れ合いと分けながら食べたけれど、港区は平均所得が高いから、とか言いながら囓るパンはなかなか美味しくて、休日のセレブに紛れて都会生活を楽しんでいる。

2011.09.03 | cafe(喫茶) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 糖朝のマンゴー入り豆腐花
 連れ合いと原宿から青山まで歩き、糖朝でマンゴーを食べる。
 上写真はマンゴー入り豆腐花。豆腐花はもっと豆乳感弱めかと思いきや結構主張する。マンゴーは間違いなく美味しい。
 糖朝はマンゴープリンが有名だが、マンゴーだけでも売っている。
 あまり食べないのだがたまには…と思い食べてみるとこれが美味い。
 600円くらいだったので、この時期にはぜひ。
 糖朝のマンゴー

2011.05.01 | cafe(喫茶) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 千疋屋総本店 フルーツパーラー 西武池袋店のフルーツサンド
 二日前に東武に行ったから、というわけではないが、西武の千疋屋フルーツパーラーで連れ合いとバレンタインを祝う。
 東のタカノ、西の千疋屋と池袋はスイーツに恵まれている。

 久々にフルーツサンドが食べてみたくなった。子どもの頃は母親がフルーツの缶詰を敷き詰めて作ってくれたが、大人になった今ではフルーツサンドを口にすることはない。生のフルーツがぎっしり詰まったこちらのフルーツサンド(1260円)はイチゴ、マンゴー、キウイ、ポンカン、白桃などが層状に詰まっていて、様々な食感と甘さ、酸味が楽しめる。

 連れ合いは「究極のモンブランセット」(1785円)をオーダー。
 ちょっと頂戴、とフルーツサンドとモンブランを交換して食べる。
 なんだか童心に返ったような気がして、ふふ、と隠れて笑った。
 千疋屋総本店 フルーツパーラー 西武池袋店のモンブラン

 

2011.02.14 | cafe(喫茶) | トラックバック(0) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。